FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2011年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年11月

寄り添いのおともだち

うれしいニュースでした 、 私にとって、とても。



今日の「フェアー」からの連絡帳、ケアマネから。


最近、母の側にいて

頻回に声をかけてくださる他の利用者さんがいるのだそうです。

食事中も含めて母にず~と話しかけてくださり、

母は笑顔で答え、

そしてふたりで笑ったりして

母はその時、安心したすごく落ち着いた様子なのだそうです。


この方は認知症ではなく、とても母への理解を示してくださるそうです。




母は何かに集中していなければ

座ってていたり、落ち着いている事はできません。

でいつもそんな時は 「大がしたいの」コールです、出ないのに。


私が「フェアー」を覗いたときは

母は大抵ひとりで座って数字盤やトランプです。

あるいはおトイレの中です、「大がしたい」コールで。

            (今は回数減りましたけどねェ~ 


他の利用者さんと会話をするということもあまりないように思われます。


言語を失いつつある中、表現が出来なくなっているのと

相手の会話の内容が全く理解できないからです、今や。

理解出来ない、わからないから 不安へ となるのでしょう・・・


だから母自身、ひとりでいることを選んでいるのかもしれません。

スタッフだけを相手にしているほうが楽なんでしょう。




そんな中で

母が安心できる、落ち着いていられる おともだち がいてくれるなんて、できたなんて

          私はとても嬉しい・・・・心から感謝です。




               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックおねがいしますです