FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2011年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年10月

残りの最後

仕事が終わって帰宅途中のバスの中で

                    ふと思うことがあります。



もし母が認知症ではなかったら、こう電話してみたい と。

    「お母さん、今仕事が終わったの。

             何か買って帰るものある?」



    「お母さん、今日は外でご飯食べようよ。

            今から出て来れる? 私、待ってるから」
 と。




私と二人暮しの母は私からの電話はうれしいだろうし、待ってるに違いない。

         「そうねェ~、 。。。を買ってきてくれる?」

        「あら、そうね。じゃぁ今から出かけるわね、待っててね」


と言うに違いありません。




でもそれはありえません。

ちょっと切なくなります。




アルツハイマー型認知症に母がなるなんて予測もしませんでした、昔。

そして今や介護されている母がおり、介護する自分がおります。

予期せぬ人生でもありました。



母は十分老いており、私も老いを迎えています。

残りの、最後の最後の時をふたりで生きている。


          今、母が私といてくれる・・・・

              例え母が認知症であっても、

                    この今に感謝しています。





                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中

                クリックお願いしまぁ~す