FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2011年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年08月

母胎回帰の願望

小さい頃は

お転婆でした、私。 (もしかして今も ?!)



以前、母はよくこんな話をしておりました。 認知症じゃなかった頃。


「あなたは生まれる前からすごかったわよ。

産まれないのよ。

お腹の中では、そりゃぁ~もうガンガン蹴飛ばすし・・・・

しかもなかなか産まれない。

そして

産まれるて、やっと陣痛がきて、

大慌てでお産婆さんを呼びに行って貰って~・・・

ところが

遠いところからやっときてくれるお産婆さんが到着した頃、

ピタリと陣痛収まってるしッ。

それが2回!

もう3回目の時は

またかと思ってギリギリ我慢して・・・

でも陣痛収まらず、お産婆さん呼びにいってもらって、

そしたら、あなた、お産婆さん到着前に出てきたのよッ。

でかい赤ん坊でね~ 」


という話 (産まれる前から自分勝手な奴だった?!) を聞かされても


           え~とぉ~ 記憶にございません・・・・・





今、母の介護をして

特に就寝前の紙オムツと尿パッドを装着する時、

よいしょ と上に上げて、肌にぴったり密着するようにしながら、

その時、私の顔面のまん前に母のお腹があります。


私は母が語ったその話をよく思い出しています、母のお腹見ながら。


はぁ~ このお腹の中に十月十日入たんだな、 

こん中でず~とぬくぬくしてたんだな と。


そ、暖かくてぬくぬくで安心で安全で、

なぁ~んも考えなくて良くて・・幸せで・・・のお母さんのお腹の中だったよ と。

ま、人間ではなく、生きもの生物として ポヤャ~ン  と。



きっと

人間として産まれ出たら、

その世界と社会は時には過酷なのだ、

その中をひとりで生き抜くということなのだ。
 

だから 

産まれたくないよぉ~ 出て行きたくないよぉ~ と抵抗してたのかな と。



        やだ、やだ、やだよぉ~ 

             ず~とず~とお腹の中にいたいよぉ~ 
 と。




もしかして~・・・ アタシのことですからねェ~・・・・?!

ま、記憶にないんですけどねェ・・・・




    だから今度は 弱っちゃったお母さんが

          私という安心安全圏へどうぞ ということで  


               十月十日もねぇ~・・・ 感謝  
 




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中

                 クリックお願いしまぁ~す