FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2011年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年08月

あぁ~爪に・・・

今日の母 ;          
          夜間失禁なしの  
          
          超ご機嫌の 

          よってトイレコール激減 
                  

                     を維持してますよォ~~~  




但し、

我が家に関しては  です。

日中 「フェアー」 では 不安からくるトイレコールの頻回と不穏。



母は他の利用者さんとお喋りすることはあまりありません。

そういったコミニュケーション力をかなり失っております。

大抵ひとりでトランプやら数字盤の数字並べです。

あとは我が家ではやらない、施設内徘徊です。


飽きてきたり、わけもなく不安になった時に 「大がしたいの」 コールです。


我が家でもトイレ誘導すれば、

オシッコ出ても出なくても 落ち着きます。

        ・
        ・
        ・

ここんとこあるのは

              摘便 です。



昨日も帰宅してきましたら

右手中指の爪に ウンコが びっちり  

このところ、よくあります。

時にはその手を拭いた下着にウンコが付いています。

以前には考えられない事でした。



      私が母の認知症状で唯一受け付けない、

                もう生理的にダメなのが 摘便 です




我が家では

トイレ時は私が見守りで側に必ずいますので、

この摘便行為をする事がありません。




私は「フェアー」にひとつだけお願いしている事があります。

ホントに申し訳ないのですが、

トイレでは付き添っていて欲しいと。

母への対応に関しては、唯一のお願いです。



摘便行為を防ぐ のと、


もひとつ、

排便中の 便ショックによる迷走神経反射 で

ひっくり返っちゃう事をみていてもらいたいからです。

母はこの便ショックによる迷走神経反射で

「フェアー」から2回、我が家から1回、救急搬送されているからです。


そしてトイレに行くだけで 精神的に落ち着く から と。


   この3つの理由からです。




あ~ でも、

母、最近、トイレ介助見守りなしでのトイレだなァ・・・と。

そして「フェアー」での 厳しい険しい不安症状は

「大がしたい」 コールに対応してもらってないなァ・・・と。



人手が足りないようなのです・・・・




今日、母を迎えに行った時、

      私は出てきた母の右手をチラ見   ・ ・
       

        だってェ~ 

           ウンコの詰まった右手中指の爪と黄色に色ずいたその指を握って

              お手手繋いでェ~ とは帰りたくないですよォ~・・・




              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いします