FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2011年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年07月

母の着物

母は昔からよく着物を着る人でした。



幼い頃、父兄会に着物を着てくる母がとても嬉しくて、ちょっと自慢でもありました。

だから父兄会がある度に

「お母さん、絶対に着物着てきてねッ   と。




私は母を入居施設から引き取った頃に

空き家となっていた母の家から持ってきたものは着物一式全部だけです。


その時は着物を全然着ない自分でしたが、

そのまま家と一緒に

母が愛したその着物も朽ち果てるのがホントに切なかったでしたから。


で、今度は我が家に持ってきた、押入れ一杯にある着物が手入れもされず、

そのまま放置状態もこれまた切ないものがありまして・・・・

母にとって 大切な大切なものですから。



結局、私は自分ひとりでは着付けられないので 着付け教室へ。




着物は洋服に慣れている私にとって、 全く別の感覚のものでした。



肌襦袢、長襦袢、着物を腰紐、伊達締め、帯で順々に 創り上げていく感覚 です。

ひとつひとつをキュッと結んで締め上げていく。

その過程で形が徐々に創り上げられ、

形が完成していくわけですが、

それと同時に気持ちもどんどん引き締められていきます。


洋服を着るのとは全く違います、その感覚。




着物を自分ひとりで着付けながら、

私は毎回思ってしまいます。


あぁ~、お母さんもこんな感覚で着物を着ていったのか と。

しかも 同じ着物 をです。



         母の匂いがします、 そんな気がします。





           着物
                                    ↑
                                  多分、旅行先


         


着物を着た私を見ると

「あら~せんせ様ァ~、素敵な着物ねぇ~」 と、着物好きですから、目を輝かせて 

エ~とぉ~、あなたが自分で選んで作った、あなたの着物だけどォ・・・・




         今の私だったら、あなたの大好きな着物の話も出来るけど・・・

         今はあなたが出来ないし・・・・


         あなたが認知症になってしまったから、

         出会った着物になってしまいました。



                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いします