FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2011年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年07月

鏡の中の人

昨日、母をお迎えに 「フェアー」へ。

買い物済ませての、珍しく直行でした。




母、洗面台の大きな鏡の前に座っているのが見えました。


「ちょっと見させて下さい」 と中へ入り、

そ~と母の様子を窺いました。




鏡に向かって 

ニコニコ  と、

左手の悪い母はその手を右手でマッサージするように擦りながら、

あるいは翳しながら、

鏡の中の向こうの人に見せています。


そして短い言葉で 

「そうなのよねぇ~」 とか 「あらぁ~」 とか 「ウフフフ」  とか言っています。

長い会話はありません。



30分以上もその状態なのだそうです。

メマリー投与以来、それまではなかった光景で、

ここ何回か 「フェアー」 での出来事です。

時には1時間以上もこの調子だそうです。





私的には驚きとと同時に不思議な感じがしました。


鏡の中の自分(誰か)と会話するなんて、

それが鏡の中の自分自身なのだということが認知できない、

あからさまに認知症ですが、

その自分(誰か)に積極的にコミュニケーションをとっている事に驚きました。

そんなふうな長時間の積極性も私は一度も見た事がありません・・・・・!

母(の脳)はその鏡の人に話しかけられて嬉しそうに反応してました。




つうか、母の脳が母に話しかけて、母のその脳がそれに答えているわけです。

実はどう解釈していいかわからず、私的にはちょっとショックでもありました。




  昨日の母; とうとう排便がありませんでしたぁ~・・・自宅でも「フェアー」でも。

           今までの毎日排便は何だったんでしょうか・・・明日はどうかな・・・



           浮腫はでています。

           さっき入床時、マッサージをしました。




    鏡の人にじゃなく、私にもあんな風に自分からしてくれたらなぁ~・・・ と、

               鏡の中の人に ちょっとジェラシー
 ・ ・




              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いします