FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2011年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年06月

薬の件で脳外科へ

今日、行ってきました、脳外科へ、私ひとりで。


ドクターと電話でと思いましたが、

やはりきちんと会っての説明と相談をと思いまして。




      今まで一度も見たことがなかった我が家での行動を説明。


私に甘えてのニコニコ表情が少なくなって、かといって厳しい表情ではないこと。


今まで嬉々としてやっていたことを渋る事、あれこれいろいろと。


「フェアー」にて鏡に向かって一時間半語り続けた事、ニコニコしながら。


「フェアー」にて一時間何もせずしてイスに座り続けたこと。

       母は多動です。

       何かに集中か、誰かが張り付いていないと

       トイレコールでトイレに通い続けるか、部屋中徘徊。

       母が何もせずしてイスに座っているなんて、

       私は見たことありません、我が家でも。

       だから我が家では私が張り付き状態。



トイレコールが少なくなった事。


何故か排便が毎朝ある事。

         私は「今日はもう出なくなっちゃうのかな・・・」と思いつつ、

         今朝の排便にも感動 




そして今朝も

       asaソファー


母はこのソファーに自分から座ったことがありません。

母のテリトリーと言いましょうか、範囲はダイニングのみ。

座るところはダイニングテーブルのイス、

そして私と一緒に座る長ソファー、それも誘導されてです。


母はキッチンにも自分のベッドルームにも自分から行くことは決してありません。

このリビング側のイスも私が本を読むイスで、母から座るということはありませんでした。

座るものであるという認識がないのです。


今朝、私が母の着替えを母のベッドルームに取りに行ったそれだけの間に、

立って待ってたはずの母が

パジャマ着たままここに座っているのを見てビックリしましたですよ。


で、ちょっといぬのマーシャさんと一緒にパチり。

   タイトル; 老女と老犬   ~そのまんまだゎ~ 


不安そうでも全然なく、ニコニコです。



・・・・・etc。。。。。



いろいろこれらを含めて細かくドクターと話して、そして本題。

歩行の件です。

前傾気味歩行、歩幅の縮小、3回のトイレ介助後立ち上がりでグラッと前のめり。



で、う~んと唸って結論。

本格的な副作用なのか、一時的なものなのかはわからないということで

5mg投与一週間は終了し、今10mgに増量しての3日目ですが、

本来この10mgを一週間投与して20mgに移行予定でしたが

この10mgの投与期間をもう一週間延長して、様子を見ることになりました。



今の母には小さな出来事ですが

今まで決してやらなかったこと、見たことがなかったことが起きてます。


それらの変化が だからどうなのよ と聞かれても

だからどうなんでしょう としか私も答えられないんですけどね~・・・



ま、始まったばかりなので・・・

・・・・安定期に入るまで先は長いということの注視の今のところです。

慎重に。

                   
                      あッ、暑かったッです・・・出かけて・・・                 
                   人気ブログランキングへ ブログランキングに参加中
                  クリックお願いします