FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2011年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年06月

変わり身のわかりやすさ

昨日、母と新薬 「メマリー」 を頂くために病院へ。

行く途中は友人の車で。

車中、多弁でニコニコ のいつもどうりでした。



でしたが、

病院の待合室で待ってる間、 「せんせ様、大がしたいの~」 のトイレコール頻発。

その度におトイレへ。

環境が変わった事への不安感と、飽きちゃいました の母。



みるみる眉間に皺が・・・・



待ちながら 大好きな「茶摘の唄」 を歌ってもらい、

隣に座ってる方が母に声掛けしてしてくださったり・・・・


なのに

「茶摘の唄」 を歌う という特効薬(?!)も効かず・・・トホホホ・・・


「私、歩いてくるッ」 と立ち上がって歩き出し・・・・

手を握ろうとしても、振りほどくし・・・・の院内。



呼ばれました。


但し、母、このドクターが苦手です。

ま、私とドクターだけでお喋りしてるから

(大事な話ですよ、単なるお喋りしているわけじゃなくて・・ねぇ~

                        母の参加は全然無理だしィ・・・・)


それとやはりドクターは母に質問します。

「今日は何日ですか?  季節は?  この人(私の事)は誰ですか?・・」

わからないから答えられない。

質問されて目がパチパチで 「(わからない・・・)

もうそれで瞬時にプンプン  です。

「ねッ、早く帰ろうッ」 と。

いつもです。


でも昨日はホントにダメでした 

ドクターも私もおもわず顔を見合わせちゃいましたですよ。



その後、栄養状態確認のための定期の血液検査。

採血時もプンプン状態 


でもちょっと笑っちゃった(?!)のは

注射針刺されて

「痛いわよぉ~ッ。 あなた、下手ねぇ~ッ」 と看護師さんに。


昔、保健婦看護婦でしたから、母。

エッェ~ そこはわかってるのぉ~(驚) と思っちゃいました。





病院を出た途端に、ニコニコご機嫌  の変わり身の早さ 

何事もなかったかの如く~~~!

まるで注射嫌いの子供、動物病院嫌いのワンちゃんみたいでした。



昼食ランチをとり、買い物し、院外処方をもらって帰宅。



ここ数日、ものすご~いご機嫌の良さ 、夜間失禁なし状態でしたから

どうなっちゃたのか・・・ 内心焦っておりましたですよ、私。

おかげで久しぶりに疲れましたぁ~・・・私。


                      


    今朝、朝食後 「メマリー」投与 第一日目。

                メマリー

                       ↑
                    まず5mgから

                 人気ブログランキングへ  ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまぁ~す