FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2011年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年06月

「メマリー」を

明日、母かかりつけの脳外科へドクターに会う予約です。



先月、ドクターと私が話し合い、

「メマリー」の、母への投与を決定し、

それで明日、お薬取りに ということです。



「メマリー」投与に関してやはり悩みました。




現在アリセプト錠5mgの投与ですが、

ドクターと私の見解は


母の今の、認知症でも普通の生活が維持できていて、

しかも進行が押さえられているのは 薬 ではなく、

介護生活状況によるものだと。



ドクターははっきりおっしゃいます。

「お母さんの場合、アリセプトが効いているんじゃなく、

まだ破壊死滅していない残った神経細胞が

今の生活できちんと刺激を受けていて、それがしっかり活性化しているんですよ」 と。



    私はそれをず~と目指してきましたから、

             この言葉はとても励みになります 



このドクターは母を入居施設から引き取った頃のヨレヨレ、ボロボロの母を診ています。

当時のそのドクターの診断。

「2~3年で寝たきり、追視できずの無動に・・・」という事でした。

それを聞いた時、私は大きなため息しかでませんでしたァ・・・

入居施設から助け出すのに 時すでに遅し と気分は絶望でした。



それが今こんな風に穏やかな普通の日常を送れるまでになりました 



ここで新薬が必要かと?!

う~ん・・・・と 唸ってましたですよ 私。



でも 病は病です。

少しでも、ほんの僅かでも効果があるかもしれないのなら・・・

と決定しました。



そして母は アリセプト錠と血圧降下剤コニール錠だけ の服用です。

精神病薬も睡眠剤も下剤(便秘薬)も一切服用してません。

高血圧だけで他の内臓の基礎疾患もありません。

ですから薬併用による副作用も、新薬そのものの副作用も比較的わかり易いわけです。


又、バランスのとれた食事、体内リズムの正常な維持、落ち着いた周辺状況・・・

これらを鑑みて効果の有無がわかりやすい。



認知症でもう何もわからんちんの母は自分で決定する事が出来ません。

私が 効果を見てみたい ということなんですよね、やはり。



ちょっとでもおかしいなと思ったら、即中止にして、

効果がなくてもそれはそれでいいのです。

新薬なくても今までの現状維持出来ますから、

という結論です。



   期待すべき効果が出て、認知症のご家族に、

             その経過を報告できるのが一番いいのですが・・・



     だって とりあえず新薬試すんですから。



              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中

               クリックお願いします、風船割らないよう~に