FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2011年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年05月

咀嚼と嚥下

以前、入居施設から引き取った時点での母は

                   咀嚼、嚥下能力が相当衰えておりました 



その施設では

小指の先ほどの大きさの、柔らかい物のみで、

全てトロミをつけた食事でした。

2、3回の咀嚼で飲み下せる、飲み流しこめるおかず。

入居者全員同じ物。

全歯欠損の人も、部分欠歯の人も、母のように全顎総入れ歯の人も・・・

負担を避け、誤嚥を防ぐためのものなのでしょうかねぇ~・・・。



母はすでにそういうものしか食べられない状態でした。

味というより柔らかいものだけがおいしいものという感じでした。




私は考えました。


母の入れ歯は吸着も問題なく、咀嚼力はあるはずだと。

咀嚼する能力を奪う事によって、

そのうえで 流し込むから、

誤嚥 の可能性も高くなるのは当然だ とも考えましたし。 



口腔内の食物を 噛む噛む噛む という行為によって

口腔咽頭粘膜に与えられる刺激による

呑み込むことへの反射運動のなかで

気道が塞がり、食道に食物が落下していくのだから、


そして又、

口腔内で噛みながら食物を保持する事で味を獲得するのだから
 
(美味しいとか まずいッとか・・だから、それが好きとか嫌いとか・・)




噛める母の誤嚥を防ぐため、そして味覚を再獲得するためにも

トロトロ流し込む的食事をやめるべきだと。

噛み噛み食に移行しようと決めました。



噛むという行為は脳細胞への相当な刺激になるわけですし。

              ↑
        ここも重要なポイントでした。




使わない事による母の 咀嚼力、嚥下力は相当低下しているけれど、

この機能は十分回復できるはずだと 私は考えました。



それを考慮して食事内容の改善をはかる。

    少・し・ず・つ、少・し・ず・つ、大きさを変え、

    少・し・ず・つ、少・し・ず・つ、堅いものも増やし・・・・
             ・
             ・
             ・

食事中、声かけしながら

    「モグモグモグしてぇ~ はいィィ、モグモグモグ・・・・」

    「はい、カミカミカミ、カァ~ミカミ・・・」 
と。



        
        でもって、結構年月は掛かりましたが、

               今や、全く問題なしです。

                 やったぜッ、ベイビー てな気分  






             今日の夕食カレーです

         夕食カレー

                               カボチャ、
                               トマト
                               レタスのガーリック炒め
                                  
                                  ↑(母と私でのふたり分量)

               カレーライス             つみれと長ネギ、もやしスープ    
                                



カレーのジャガイモもつみれも何でも一般普通サイズです、今や。

モグモグ、パクパク食べてくれます。


           私の友人も驚いています の 食べっぷり です 




       人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
        クリックお願いします






トマト

この時期 毎週日曜日の早朝、 トマト  が届きます。


朝市があり、

友人が自分の買うのと一緒に買ってきてもらいます。

すごく美味しいのです。

この時期、ここの農家が作った、これしか食べたくない 位なんです。

シフトによって日曜日も出勤で、6時45分には母を連れて出かけてしまいますので

時にはドアーのノブに。



               もぎたて完熟 トマト                     
                     ↓

           とまと




母が好きなんですよ。


ひとつの食材それぞれにそれぞれの栄養素が含まれていますが、

全ての野菜を摂るわけにもいきませんから、

その中でリコピンが多い トマト が好き ということで

我が家では食事時、毎回必ず食卓に上がるようにしてます。




トマト に関してだけはこんな事があります。



テーブル挟んで食事をしているのですが、

まだ私のお皿に残っているトマトに箸をつけるのです。

「せんせ様、これ食べないの?!」 とか あるいは無言で。

他の食べ物ではありえないんですよぉ~。



入居施設から引き取って落ち着いた頃、母を連れてスーパーに行きました。

「お母さん、何か食べたいもの言ってね。

何でもいいから食べたいものを、それを買いましょう」 
と。


        その時母が指し示したものが

              「これがいいわ」 と トマト でした。




普段、特別美味しそうに食べるわけでもありません。

でも何故か トマト なのです。



但し、ふと私は思うのですが、


         母は 味 に反応しているのではなく、

              もしかしたら  に反応しているのではないか と。




ま、どっちでもいいのですけど。

母の意志があり、栄養がありますからね~。



                  人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                     クリックお願いします