FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2011年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年05月

生活感

以前、母を入居施設から引き取る前は

一人暮らしの私の場合、この家には物がホントにありませんでした。


若いときは購買意欲も高く、物を買うのが楽しみでもありましたが

もうそういう感覚はありません。

増えてゆく物にうんざりよ と 

必要最低限のもので十分よ と 




その頃、書道関係の知り合いが訪ねて来た時のことなんですが、

後日会った時に言われてしまいました。

     「Juliaさんは別にお家があるの?」

     「エ?そうじゃないですけど、あそこが住まいだけど、何故ですかァ~?」

     「いやぁ~~あまりの生活感のない家で正直ビックリしました。

      英語教室だけで使っているのかなァ~ と思いました。

      今度行く時はお花でも持って行きますよ。」 
のくらい ・・・・           


ひと部屋などは、まるまる使用せずの本と新聞の倉庫代わりでしたしねェ~。




なもんで以前の母なしの生活と大きく変わったことは

当然物が増えた事でした。



私は入居施設から母を引き取ると決断した時点で

母用のベッドも洋服ダンスも布団も食器も洋服も何もかも揃えました。


入居施設で使用してたものは 全て捨ててきました。

母だけをそのまま引き取りました。


私用おひとり様ソファーしかなかったので、大きいソファーも買いました。


ふたり暮らしになったから2人分ではなく、

何故か増えた量は3人分に近いんですよね。





確実に増えたのがトイレ介助用品。

去年の圧迫骨折以来、夜間は紙オムツと尿パッド使用です。

一人暮らしの私の部屋には絶対存在しえなかったもの。



  夜寝る前着用の紙オムツとパッドと

     MOONY赤ちゃん用お尻拭き入りのバスケットがトイレの前に ドン と。                       

             オムツ入れ


  押し入れにも ド~ンッ と。

             紙オムツ


このオムツとパッドなのですが、

母は 3000円まで無料の、市のオムツ支援を受けていて 

市の指定業者さんが配達してくれるのですが、

これが 病院・施設用 なんです。


母には超ピッタリで (←すごくいいですッ、これ) なのですが、

以前足りなくなって緊急でドラッグストアーに買いに行きましたが、

市販はされていないとの事でした。

へぇ~・・・そうなんだぁ~と私。



   ところで今の我が家ですが、

         人並みな生活感に溢れかえった、介護生活のお家です。

               増えた分、片付けと掃除の量も増えましたァ~です。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                      ↑
                  クリックお願いしまァ~す