FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2011年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年05月

新薬メマンチン(メマリー)

今日、脳外科へ行ってきました。


母は受診予定じゃなく、私がドクターと話があったから。



アルツハイマー病の新薬に関して

他の介護家族の、ブログや話では、 改善の兆候がみられる  ということで

私自身、母のためにどうするか、ず~と考え中でした。



但し以前から私と担当ドクターは

母にはアリセプトは必要ではないのではないか という見解がありました。

母は記憶がバッサリ削ぎ落とされ、

その わからない という感覚から不安を引き起こす以外、

穏やかに日常を過ごしております。


不安を引き起こしたら

その不安への理解と寄り添いで解消する方向に持っていくという介護の環境の中で、


母の場合ですが、

    母の機能が維持されているのは 薬ではなく、介護環境である

                              というのがドクターと私の見解です。




かといってあえてアリセプトの投与を中止する理由がないので

朝一回5mgの投与を続けています。

母の場合、副作用も全くありませんし。



今日、私の見解も述べて、いろいろドクターと協議して、結論は


      メマンチン(薬名メマリー) を試す事にしました。



効果があるかもしれない・・・と。


やはり家族としてちょっとは期待してしまうのです、新たな展開を。

アルツハイマー病を発症して10年近く。

今は穏やかな生活を送っていますが、

アルツハイマー病認知症である事は変わりありません。

はいィ~、重度のアルツハイマー病認知症です・・・


わからない ということから来る不安から ほんの少しだけでも解放されたら

母自身がはどれだけ楽になるだろうか と思ってしまいます。

病気で苦しいのは本人ですからねぇ。



但し、メマリーの発売が今回の震災の影響で延期されていますが、

6月から発売、そしてその時点で母への投与開始の予定となりました。



母は私が4年前に入居施設から引き取ったとき以来、

それまで施設側から投与されていた 抗精神病剤、抗てんかん剤および睡眠導入剤を

一切中止しています。


現在の服薬は一日一回のアリセプト錠5mgと血圧降下剤コニール錠4mgだけです。



そんな中で副作用を十分考慮しながら、様子をみながら、

慎重に経過を見たいと思っています。




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                                  クリックお願いします