FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2011年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年04月

私の混乱と冷静・・・の間

           緊急搬送されました



昨日母はお昼近くに「フェアー」へ、

私は出勤なしの、別件での打ち合わせ用事があってそのまま電車でお出かけ。


母、「迷走神経反射」の発作を起こしてかかりつけの脳外科に緊急搬送 との連絡あり。



出先を飛び出して母の元へ 



すっかり顔色も戻っており、

「フェアー」のスタッフに付き添われ、お元気回復 しておりましたですよぉ~。


               ホ~ッ   でしたですぅ~。




点滴を受ける中、

私が来る以前にベッドに手袋はかされて手を固定状態、点滴を抜いてしまう ということで。

落ち着き始めたとの事で固定を解除して手袋だけ、ミトンタイプの手袋。



「あら、いい音するわ  とミトン手袋を ポンポン と叩き始め、

お得意 の 茶摘の唄 を。

エンドレス状態で歌っておりまして、途中から看護師さんも参加   




緊急担当のドクターの説明。

この若いドクター、とてもきちんと説明してくださいました。

検査結果を含めて「迷走神経反射」のことを。

私の質問にもきちんと納得できるように。


母の現在の生活状況、食事や薬の管理状況を私から聞き取ったうえで、

母の場合、慢性基礎疾患もなく、加齢と認知症の進行でこれは防ぎようがなく、

自律神経の乱れというこの症状にうまく付き合うしか方法がないこと という結論で。


きちんと患者サイドの情報を聞き取ろうとする このドクターに

                            すごく安心感をいただきました。


母にも普通に話しかけてくださる・・・

             ・・・認知症だからといって無視は なさらない、母のことを。

      

            あぁ~ いいなぁ~ こういうドクター~~   と。




ところで

母が緊急搬送されたとの連絡を受けた私は

バッグだけ摑んで、他の荷物は出先の控え室に置きっぱなしでタクシーの大慌て。

なのに病院直行でなく、途中自宅に回って何故か母の保険証を取りに・・・

アワアワ ブクブク と慌てているくせに、その妙な判断。

自分でもわかりません・・・・の今 



               人気ブログランキングへ
                ブログランキング参加中
                     クリックお願いします、四葉のクローバーに