FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

02月« 2011年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

私のせいで・・・?!

実は母の今回の体調不良は私が原因ではないかと思うのです。


アルツハイマー病の進行で
論理的に物事を組み立てて考えたり、
記憶を維持したりはもう全く無理で・・・
言語を失いつつあり、表現を失いつつあり、表現したい中身そのものが理解できず・・・


「何もわからないのよぉ~ 出来ないの・・・」 の母は

遺伝子の中の極めて原始的な本能の部分だけで生きているところがあります。

すなわち 生きる という本能のみで生かされてます。



母は非常に感が強い。




今の私は災害後も、
母の前でも職場でも人様の前では何ら表情も態度も
変わりません、一見して。

でも私の心と言いましょうか、
心の中は今回の災害のことで非常にショックを受けています。

被災地以外の人たちが受けていると同様な。


その中には もし をつけて

私と母は避難しないだろう、母が無理だから
(免許を持ってない私は車なしですし、母は歩くのを今はとても嫌がります)

避難生活は無理だろう、母はじっとしてられないから。
(母に状況を説明しても全く理解は出来ないだろうし。)

とか

テレビの被災地の人々の映像に愕然となっておもわず声を上げていたり、

老人ホームの高齢者のことや、避難を出来ず残された犬を含めた動物の事や・・・

この国のために命令に従って職務を完遂しようといのちをかけてる人達・・・

このブログを通じて知り合った介護家族の消息・・・やっと。

             ・
             ・
             ・

絶望感や無力感や切なさや感謝や怒りや希望や・・・いろんな感情を溜め込んできて、

             ・
             ・
             ・

私の中にある本能的な遺伝子が警戒を始めて私はストレスを起こし始めていました。


でも母への私の笑顔も普段と全く変わりません。

日常も今のこの時期だからこそ、冷静にと普段の日常を維持しています。

何も変わらないはずですが、

感の強い母は私のその感情を読み取って

本能的な防御反応で軽い「迷走神経反射」を引き起こしたのだと思っています。



   今の母は私がいなければ自分の生存が脅かされると本能的に感じています。

        ですからその私が例え漠然としていても

           不安 を抱いていたらそれに感染してしまいました、多分。



                 人気ブログランキングへ
                  ブログランキング参加中
                         クリックお願いします