FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

02月« 2011年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

当日欠勤

              昨日、仕事お休みしました。

                               つうか当日欠勤。




いつもどうり6時丁度に母を起こしました。

目覚めた母がまずやる事は当然トイレへ直行。



だいたい起こす時の声掛け言葉が

       「お母さん、おはようゥ~、トイレ行く?大(オシッコのこと)はどう?」

       「行きたいのよぉ~ 行くわ!」 と起き上がります。



で昨日起き上がろうとした母は起き上がれない。

        でも本人は必死で起きようとします。

                とりあえず私は介助しながら・・・・


            やっと立ち上がった母はそのまま床に崩れ落ちました。


(起こす直前の寝顔は穏やかだったし、声掛けの反応もいつもどうりだったのです・・・・)



微妙に意識は薄い。

私は脳梗塞を瞬間疑いました。

      「お母さん、どこか頭痛くない?どこか痺れてない?」

      「そういうのはない・・・・」 と、か細く・・・


血圧低く、嘔吐感もあり・・・

横にしたまま毛布を掛け、と失禁しちゃって、そのままオムツから下着等の着替え。

でも救急車を呼ぶほどのこともなし と判断して・・・

と今度は着替えた下着に排便、横になったまま。

その処理をやっていると 「申し訳ありませんね・・・」 と、か細く言う。

足を高く上げて軽くさすりながら声掛けして、血圧を測り、軽く水分取らせ・・・

と、すぐ吐いてしまい・・・ と焦る私。

          ・
          ・
          ・
そうしているうちに気づいたら職場の始業時間も過ぎていて・・・でした。

で電話。



母が少し落ち着いてきたのでお布団に移動させての様子見。


で、マーシャさんに食事あげたら、これまた食べない の エッエェ~  

ちょっと焦って母のために作ったお粥をあげたら食べてくれました の 汗のホ~ッ  


「フェアー」はキャンセルして、

その日は何もせず、母とマーシャさんと布団の中でゴロゴロ。




     時間の経過と共に母は体調に不快感はないようで(血圧も意識も正常)、

     嘔吐することなく、お粥も食べてくれ、水分も摂れましたが、

     母とマーシャさん、調子が普段と違っていました・・・・




今日も仕事を当欠しようと思いましたが、

今朝はいつもどうりの母とマーシャさんでしたので、いつものスケジュールでいきました。

介護家族ですから母の状態で当欠は仕方ありませ~ん の昨日。



                       人気ブログランキングへ
                          ブログランキング参加中
                                クリックお願いします