FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2011年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年02月

丈夫な我が家

           介護するうえで、

              私には ありがたい と思うことがあります。




母は内臓の基礎的疾患がありません。

アルツハイマーなのと、高血圧なだけです。

アルツハイマー病認知症において投薬は今現在アリセプト。

高血圧も投薬で全く問題ありません。

朝食後、この2種類を1錠づつの投与だけです。

今現在、薬はこれだけで睡眠剤の投与もありません。

ちょくちょく母に関しては血液検査を含めて検査をしますが、全然問題なし。



3年前の入居施設から引き取った時点で、

コレステロール値が高かったのと、低栄養の傾向がありましたが、

食事での改善で今はこれも全くの正常値です。


          母は丈夫です。
                     ありがたいです~




いぬのマーシャさんも事故で腎臓一個摘出しておりますが、

病院に全くかかる事もなく、この方もお元気
                            ありがたいです~




最近、母のことで気になった事。

       それは低体温だったのです。 35℃ちょっと が日常的



これに関して無知でなにひとつ知識のない私は

以前これが母にとって普通というか、別に気にする事はない~と思っていましたが、

最近の研究では免疫力の低下を招くのでそれは良くないと。



       あらッ~ そうなの? とちょっと勉強。



ストレスからくるとのことですが、

それには食事も大事とのことで、

それをかなり気にしながらの料理を作っておりましたが、

3ヶ月ほどで36℃を日常的に超えるようになりました 


       理想的な体温は  36.5℃ から 37℃  とのことです。

                        この高さは意外でした。



それには程遠いですが・・・ま、とりあえず順調に上がっています。

かといって特別何かをしたわけではありません。

要は食事のバランスですから。

あと、睡眠の質。


病気になったら投薬やら、病院に行くのは当然で仕方ありませんが、

でもその前にきちんとした食事で免疫力を上げたり、体力をつけたり・・・

基本的なことをしたいと思っています。




私に関しては女性特有の 冷えも、肩こりも、頭痛も 全く、経験ありません。

悪いところといったら 顔と 頭と 性格・・・で。


これらは体温を上げても、病院にかかっても直りません。



           今のところ、丈夫なふたりと1頭です。


                     人気ブログランキングへ
              ブログランキング参加中
                       クリックお願いします