FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2011年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年02月

入れ歯、口腔管理

                   母の総入れ歯



私は若い頃、歯科の大きな医療法人に長いこと勤めたことがあります。

自分で口腔を管理できない母の代わりに私が管理します。



今日NHK「ためしてガッテン」で噛むことの重要性の特集をやっておりました。

母は総入れ歯です。

私はこの入れ歯をそれはそれは大切に大事に扱います。

なぜなら破損した時、新しい入れ歯を作る事は相当困難だと思うからです。



母の場合、 型を採る という第一段階は問題ありませんが、(多分・・・)

次の段階の 咬合採得 は無理だろうと・・・・

上下の正しい噛み合わせを採る事 がです。

これがきちんと採れないと歯肉と入れ歯が当って痛みあるいは炎症を起こします。

又、きちんと、あるいは全然噛めません。

そのための調整も必要となります。

        新しい入れ歯の作製は無理だろうと・・・

             母はもう自分の正しい咬合が認識できません・・・・






母を在宅介護するようになってのまる3年の間に

母の入れ歯が歯茎の1部にに当って 「噛むと痛いのよぉ~  が2回ありました。


歯医者に連れて行かずして入れ歯の当るところの調整を私がしました。

   歯肉の当る部分(白っぽくちょっと変色)をティッシュで拭いて乾かし、

   その部分にジャムうをのっけて入れ歯を装着。

   すぐはずした入れ歯の当った部分にジャムが。

   その部分をネイル磨きの紙やすりで少しずつ削って、それを2、3回繰り返して 






食後我が家で入れ歯洗浄するのにはずした時、

                歯のない母の口腔内粘膜の歯茎も洗います。

                      これを使って
                  
                        ↓  

               繧キ繧ソ繧ウ繧ュ_convert_20110209211124

            Tongue Cleaner いわゆる 舌こき(ベロの汚れ落とし)

                 母はそのときによってガ~と一回りの時もあれば
                 クチュクチュと丁寧(?)な時も・・・
                 これをやってもらった後に口をゆすいでもらいます。

                 グチュグチュ、ペーッ  グチュグチュ、ペー  と。

                 これはドラッグストアーに売ってます。
                     但し、あくまで 舌こき洗浄用ですが・・・




噛むという目的の、入れ歯の扱いと共に
ウィルス性の肺炎を防ぐために口腔内粘膜の衛生管理も必要です。



噛めなくなったら困ります。

 
       番組であったように脳への刺激がなくなるからです。
        流動食的なものは体力も落とします。



入れ歯が不潔で口腔内粘膜も不潔で肺炎起こしたら困りますの予防。





           あなたは猫派?犬派? わたしは動物は全~部好きです、人間以外。(←冗談です・・・)
                   人気ブログランキングへ
                      ↑
              ブログランキング参加中
                        クリックお願いします、猫ちゃんに。