Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2010年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝を込めて

               今年一年



今年はお店の経営を廃業して、

自宅英語教室とは別に、一介の一労働者として昼間働く人に。

それが今年の最大の変化でした、私にとって。



昼夜逆転の生活からお日様と共にの正常な生活体内リズムに。

まともさの感覚を取り戻す、心身ともに。

          あぁ~ホントに良かったですッ。


母への介護が楽になりました。


あの時はその時で 「こんなもんだろう」 と思っていましたが
今考えると 「よくやってたな」 と思う場面も。



今年もアルツハイマー病の老いた母、老犬との生活を無事終わらせることが出来そうです。

昨日は今年最後のお礼のメールと電話を

友人、そして私と母の介護生活を支えてくださった方たちへ送りました。


           本当に感謝の気持ちを込めて。



在宅介護は家族だけでは成り立ちません。

ましてや家族一人の場合は特に。

家族の支援が全くない ふたりぼっちの母と私 にとって

多くの支援と応援が母と私の穏やかな生活へと繋がりました。

                無事に 幸せな日々の一年 でした。




             皆様も良いお年をお迎えください。

                     ご多幸をお祈りいたします。



ps. 明日朝は仕事で5時50分には家を出ます。
   母はやっぱり緊急お泊りにして頂きました。

   こうして私は仕事をすることが出来ます。
   「フェアー」の皆様と母にとても感謝です。

   でもって今日はもう私は寝ますです、おやすみなさい。



                       人気ブログランキングへ
                     ブログランキング参加中
                            クリックお願いします



スポンサーサイト

プレゼント

今年はクリスマスも忙しかったし、あわただしい年の瀬です。

 
クリスマスは忙しくてプレゼントを選ぶ余裕がなく・・・・・・


しかも出来合いのチキンと母だけのためのクリスマスケーキ、
私はワインでメリークリスマス。

ふたりだけのクリスマスパーティー  ・・ささやか過ぎるけど・・でもそれはそれで~




昨日、買い物へ。

勿論母のための何かを。

といっても何も思い浮かばない・・・・

母はアルツハイマー病が進行し過ぎていて
個として何か欲しい物はありません。

こ洒落たアクセサリーもセーターでも、もう何もわかりませんから。
そういった欲求はありません。

で、結局母が好きなもの欲しいものは何もなし ということで

介護家族の私が母のために欲しいものを購入、プレゼントの名目で?!



新しい 綿毛布 と 肌掛け (洗濯出来るのを)。

夜間失禁が始まった母の換えのもの。
プレゼントというより、日常として必要なものですけど。


でもプレゼントの名目なので ふっ、ふっ、ふんぱつッ しましたッ!

貧乏所帯なのにィ・・・・

私は入社間もないので賞与が出るとは思いませんでした。

ちょっと予想外。勿論、すずめの涙ですが、出ました。

でもってそれを上乗せ投入 




「病気だから、何もわからないから、だから何でもいいのよ」 は避けたい、ですし。



   今日それを見たら 

   「あらぁ~ 綺麗な色ねぇ~  」
 と言ってくれるに違いありません、

   その瞬間は。


   そして 「うふふぅ~、幸せ  」 と思うに違いない私です。



                     

                       ブログランキング参加中
                             クリックお願いします
                             ↓
                       
                        人気ブログランキングへ 



                     

とりあえずお休み

今日、やっとお休み 

その後は大晦日、元旦も含め、怒涛の8時間+1時間の勤務シフト。

そして付きます、更に残業が!多分。

(普段は基本的に5時間勤務契約)

日によっては朝6時に家を出ます、今回。

途中、正月2日がお休みとれたのでその日がふたりのお正月日。



私ひとり暮らしだけなら構わない、全然に、仕事だから・・・

・・・でも母を抱えてるから構う(?!)

そんだけの勤務の後、

母を 「フェアー」 にお迎えに行ってぇ~の、母のお世話はキツイでしょう・・・

いくら私でも。

夜間のトイレ介助もあるし・・・


11日からのシフトが10日発表で、事前の相談があったら

なすすべがあったのにィ~・・・・!!!




ま、愚痴ってもしょうがない。




今年最後のお休みで

母には申し訳ないけど、今晩は「フェアー」でお泊りを。

そりゃもう大掃除と大買い物~~~明日も買い物だぁ~と 本日。

途中、私はバッテリー切れちゃって、アッという間に爆睡・・・ソファーで・・・1時間。



おせち、去年のように本格的は超無理どうみたって無理でも、

でもやっぱり簡単でも作ることにしました。



去年のようにゆったりは出来ない大晦日とお正月ですが

せめて家族としての今年最後の締めッくり。


何故おせちにこだわるか、

それは母がまだ私達が幼い頃から家族のために作ってくれた行事だから。

だから母という家族がいてそのために今度は私が作ることにしています。




                       
                   ブログランキング参加中
                       クリックお願いします
                       人気ブログランキングへ







予定が狂って・・・ムッ

迫り来る年の瀬です。

今年は仕事です、クリスマス、暮れからお正月も・・・・ 




大晦日夜は母と過ごせますが、

元旦からお仕事で母は 「フェアー」 に朝から・・・・

そして今年はおせちが作れない・・・多分・・・


絶対、作ろうと思ってたんです、私。

去年も今年も試行錯誤して 手作りおせち でした。

季節季節の変わり目を母と過ごす。

その集大成が おせち なのに。




つうか、ちょっと怒ってます。

仕事のそのシフトの発表が今月10日。

しかも超!残業シフト。


普段から残業は残業でその時点での現場の状況を鑑みて構いませんが、

暮れ、正月ともに仕事なら母を 「フェアー」 に預ける段取りがありますしね・・・

この時期、施設への暮れ正月の段取りは重要です。


私は自分の希望を入れておきました、シフト担当者に。

仕事は仕事で構いません(仕事する、そのものが大好きですから)が、



         事前に相談してくれ とあれだけ伝えてあるのに・・・!!


                 勝手に作るなッ、私の残業シフト!!



大体、会社との入社時の契約に反してます、と言いたくなる。




                  

                     ・

                     ・

                     ・

                     ・
           
                     ・

                     ・

                     ・





        私の優先順位は 母といぬのマーシャ 、と 仕事


        でもそれでも最優先順位は 

        老いた母とこれまた老いたいぬのマーシャ と過ごす事。



     老いた、このひとり&一頭と過ごす時間はそんなに長くありませんから。


        



                            
                       ブログランキング参加中
                               クリックお願いします
                            人気ブログランキングへ




便座の暖房

     便座の暖房入れるのを延ばしてきました。

                 寒さひとしお、もう限界?!と思って入れました。




母は便座に腰掛けながら便座暖房のスイッチをいじるのです。


「お母さん、スイッチ触っちゃぁ~だめよぉ~」 と言いますが、

その時は止めますが、5秒後に又触る。

私の言葉にムッとした表情の時も。



何故か興味深々(?)で、

ほんとお気に入りで カチッカチッカチッ と。

スイッチ、もげちゃった事もぉ~ 



スイッチいじってる最中に出てくるノズルからのシャワーも当てるべき所に当てられないから

パンツやシャツの裾あたりがビチャビチャに・・・


でもって、こういう時は 「それをやられちゃ困る」 と

経験値に根ざした学習能力(?!)発揮して、即、コンセント抜きます 



そしてもうひとつ

          な、な、長いッ、座ってる時間が・・・



母のトイレ介助のために排泄が終わるのを待って、

母の膝に手を当ててかがみながら、

あるいはドアーのところでスクワットやら腹式呼吸やらとか、

時にはトイレの横にある洗濯機で作業しながら、

母の話し相手をしている私にとって

カチカチ、スイッチをいじりながら

ニコニコご機嫌よくおしゃべりしてくれてるのはいいのですが、

いかんせん長いんですわ~・・・



排泄もすっかり終わっているのに・・・・便座に腰掛けたままおしゃべり・・・・



母はダイニングのイスも、ソファーも、便座も区別がつきません。

座れるものという認識以外。


          
               そ、便座は暖かくて、居心地いい!!




PS. でも今の時期だけですけど。
   寒さ厳しくなるとお尻は温かいけどトイレは寒い・・・





                             人気ブログランキングへ                            
                               ブログランキング参加中
                                      クリックお願いします










元どうり

                   昨日朝は失禁なしのお目覚めです。




この間、私の声かけでは夜間トイレに起きてました。

以前のように自分で目覚めて「トイレ行きたいの」は腰椎骨折以来、ありませんでしたが、

昨晩は 2回 自分から。

全く以前と同じになりました。


ひとつのアクシデントで、結果出来なくなる事が増える、

あるいは認知症の進行に関わると気になっていましたが、

元に戻りました。

 


でもですね、この間私が考えていたことは



  母の意思は基本的にはトイレに起きない(自ら起きない)ということなので

  私が声かけで起こす必要があるのか・・・ 
と。



  声掛けしないと失禁するけど、本人の意思は??!



  今のリハパンは失禁しても気持ち悪くないみたいだし、嫌がってもいないし、

  今や気にしてないの、夜間の失禁を、本人は??!






声掛けしなくていいということは

私の睡眠が中断される事なく、睡眠の質を確保できるという事で、

すご~く!!私は楽になります。

日中、仕事を抱えてる私としては夜間のトイレ介助は

はっきりいって時には辛いですから・・・!


本人が自分でトイレにいけるのが一番ですが

母はトイレの場所が認知できません。 行き着けません。

トイレの後、

誘導がないとベッドのある部屋に戻れません。ず~と徘徊してしまいます。



と思っていたら、昨夜ゴソゴソと起き上がる気配が。

     「 どうしたの、お母さん、トイレ? 」

     「 そうなのぉ、大 (この場合オシッコの事) がしたいのよぅ~ 」

     「 行こ、行こ、一緒に行こ 」


今晩あたりから声掛け、止めようかなぁ~と思っていた矢先の昨晩でした。

仕方ないですよね、本人の意志ですから。

夜間も失禁しないように頑張る

老いた認知症の母の意志を尊重して介護するのが努めつうことで。

頑張ってます、本人が。




             人気ブログランキングへ              
                             ブログランキング参加中
                                         クリックお願いします





スイーツ

いつから甘いものお菓子がスイーツと呼ばれるようになったか・・

                      ・・私にはわからないくらい・・・



実は私はほとんどと言っていい位、甘いもの、お菓子類は食べません。

何故かわかりません。

自分からあえて食べたい という欲望が全然わきません。

甘いもの、お菓子類というより、間食そのものが全くと言っていいほどなし。

一日三食ガッツリしっかりで終わり。



雑誌等の どこどこ有名レストランの・・有名シェフの・・・見ると、

誰かの手作り~とか見ると、 

わぁ~、食べたら美味しそうだことぉ~!とか、 素敵!に作ってる とか、

涎タラリで思うのですが、

我が家での私に関しては 自分のために あえて買って食べる がほとんどありません。




昔はよく仲良し女の子とランチやディナーコースへ出かけてましたが、

食後のデザートも 「わぁ~綺麗、飾り付けがアートだわ」と思いますが、

食べずに感動、それだけ。

食事で一旦お腹が一杯になると、もう入りません。

だからいつもその女の子が私の分も食べます。

「デザートは別腹なのよ。 ほんとにJuliaさんの分も食べていいの?!」 と。

かといってデザートは食べないくせに、

お酒のつまみにふぐのから揚げなんかを更に注文して、これは入ります。





で、たまにその被害(?)に遭うのが母です。

普通に甘いもの好き。

デイサービス時の「フェアー」でも15時おやつタイムでスウィーツ類が。


私は あえて自分から食べたい買おう とも思わず、

それが抜け落ちてる(?)の人なので、

母のために買うのをつい忘れてしまいます。



昨日、今日は仕事休みで、母といぬのマーシャさんで一日過ごす日ですが、

1昨日の買い物で母のための3時のおやつ、買うの忘れましたッ・・・・

ア~ァ~~アタシッたら・・・・ 


昨日はベーキングパウダーがあったので、
小さなホットケーキを焼いて
その上にカッテージチーズとブルーベリージャムを乗っけたものを。

なんとかなりました。

勿論、私は食べません。


                              
                       ブログランキング参加中
                             クリックお願いします
                              人気ブログランキングへ







ヤレヤレ・・・の日

仕事終わって帰宅途中のバスの中。


かなり年配の一組のご夫婦が乗車されてきました。

ご主人の方は歩行は問題ありませんが、小刻みな痙攣で身体が動いています。

                        脳卒中の後遺症か、パーキンソン氏病・・・かな・・・と。




優先席も席も埋まっており、

で、丁度バスの後部の一番前席に座っていた私はすぐに立ち上がって

               「 どうぞ、お座りください 」 と。



ところがぁ~~~

               「 いえ、結構です 」 と。



               エェ~~~?!!!


私はもう立っちゃって吊り革に摑まっている状態。


席はポッカリと空いてるし・・・


( エッ、座らない、必要ない、あ、そ・・・   エェッ~じゃあ又私が座るべきなのォ~ )

( いやぁ~やっぱり座って欲しいなァァ~~  なんか、わ、わ、私の立ち場ないしィ・・  ) 


と乗客の衆目を集めての妙に汗(?)の緊張。




        どうすりゃいいの、このアタシ・・・状態            
                    ・
                    ・
                    ・

次の停留所に近づいた頃、

奥様が 「 お父さん、せっかくだから席に座わらせて頂いたら 」 と。

お父さん、私が立ってポッカリと空いた席へ。



一見悠然と吊り革に摑まりながらも

実は内心、立場失ってしまって気恥ずかしく、居場所なし状態だった私は ヤレヤレ・・・ 




帰宅。

                     そしたら、これ         

        縮OK
                                      ↑
                          いぬのマーシャさん、キッチンマットにオチッコ



出かけるときは必ずこれを片ずける。

何故なら必ず絶対キッチンマットにオチッコしてくれるから。

不思議とバスマットには全然しません。


はい、朝の出勤時、しまっていくの忘れましたぁ~


                 ありィ~まァ~ヤレヤレ・・・・ 




          

                              
                        ブログランキング参加中、クリックお願いします
                              人気ブログランキングへ     

                             





認知症老人登録

他の自冶体もそうなのかどうかわかりませんが、

私と母が居住する 市 には、高齢者福祉サービスとして


               ひとり暮らし老人登録、 

             ねたきり老人登録、


          そして 認知症老人登録 があります。




11月30日付けで母は 認知症老人登録 をしました。



この高齢者福祉サービスの母の場合の適用は

               火災報知器の無料設置

               自動消火器利用者10%負担での設置

               寝具乾燥消毒無料サービス年2回

               紙おむつ(尿取りパッド)月3000円までは無料



以前に「フェアー」の利用者さんの家族に教えられましたが、

なかなかどうしても今すぐにとの緊急性もなく、気にしながらもそのままに。



登録は地域包括センターと「フェアー」に書類申請をお願いして

高齢福祉課の方が自宅に面談に来られて終了。



今回、腰椎圧迫骨折での就寝時の失禁があり、

又、母の認知症登録時に、紙オムツのサービスの申請も行いましたので

昨日タイミング良く、市の指定業者さんから

私が注文した紙オムツと尿取りパッドが届きました。

4660円なので3000円以上の1660円はこちら利用者負担。



この高齢者福祉サービスには

その家族を対象とした、労苦をねぎらうための慰労金の支給もありました。

月額5000円を年2回に分けて。


計算してみました。

紙おむつ\3000×12ヶ月で 三万六千円

慰労金\5000×12ヶ月で 六万円。

合計すると年額 九万六千円 です。

               
                 う~ん、大きい!




そしてとても意外だった事があります。

これを知らない介護家族が多かった事です。

五人の家族の方にこの件を話したら知っていたのは二人。

利用していたのはうち一人だけでした。



  介護家族に十分に情報が行き渡ってない・・・の???



私も「フェアー」での運営推進委員会の家族代表としての会議の時、

たまたま隣に座った同じ家族代表の家族から偶然聞いたのでした。





                           
                      ブログランキング参加中、クリックお願いします
                             人気ブログランキングへ  







   

会話

認知症の進行と共に母の言語能力は確実に落ちています。

発語する語彙が2年まえと比べて圧倒的に少なくなりました。

こちらが話すことの内容や真意はほとんど理解はできていないと思います。




でも私は母がまるで認知症の人でないような感じで話しかけます。

普通の家庭の、普通の母娘の会話で。


職場で楽しかった事、あぁ~不快だった事、今電話が来た友達のこと、

ニュース見ての事件の事、食事の事 ・・・・ 一般的トピックスetc ・・・




聞いているんだか、聞いてないんだか、勿論理解できてないのですが・・・

聞いていてわからないから、


      「せんせ様、もう寝ないの?」

      「あら、せんせ様のその着ているの素敵ねェ~」

      「トイレ行きたいんだけど、せんせ様は?」

      「今日は他にする事はないの?」 

                     
                    と途中で中断、はぐらかされてしまいますゥ~~~






先日、母がトイレで摘便行為をしようとしました。

私が母の介護で唯一不快に思うことです。


     「私はねぇ~ホントにイヤなわけよ、嫌いなわけよ。

         お母さんが自分の手でやろうとすることが。」


                          とジェスチャーしながら。



母はテーブルの真向かいにいぬのマーシャさんを抱きながら

その時何故か神妙に(?!)聞いておりました。


なんかぁ~、お説教たれてる保育園の保母さんと園児の図。


勿論母が理解できるとは全然思いませんが、

とりあえずはきちんと伝える、私が思っていることを。

コミュニケーションが成り立たなくても、コミュニケーションの手段????

「だからほんと、止めて欲しいのよぉ~ お願いなのよォ~」 と。




ず~と聞いていた母は

抱いているいぬのマーシャの耳元に口を近づけて小さな声でこう囁きましたッ。


    「ちょっとぉ~(とマーシャに呼びかけて)、 うるさいわよねぇ~~このおばちゃん」



そして又私の方に顔を戻して、神妙に聞いているふり・・・!

             私はのけぞって、もう大爆笑~~~




もしかして母は母の介護で唯一摘便行為を不快に思ってるのをわかってるのかなァ・・・・・??   




                           
                       ブログランキング参加中、クリックお願いします
                         人気ブログランキングへクリスマスシーズンにクリックを  
   










朝のルーティン

                 とてもよいお天気で 
                            サン、SUN と、 の昨日




一昨晩は母はお泊りで、

母がいない昨日、朝からやる事のルーティンはそのままで朝から早起き。



いつも起床したら

まずトイレ、常温水で水分補給、コーヒーか紅茶、洗濯機回しながら・・・

いぬのマーシャさんのオシッコ、

お天気が良ければ毎回まず自分の布団干し。

足踏み器械を使った脚の運動、スクワット、柔軟体操。

洗顔歯磨き、自分の着替え。

朝食とお弁当作り (下ごしらえと準備は昨晩のうちに)、

一日のスケジュールのチェック (昨晩寝る前に作成済み)、

            ~これらが5時から6時まで私のための時間~




日によって30分早い4時30分起き。

この30分は朝の勉強すなわち朝勉タイム、自分のための英語学習。

もう長い間、自宅での英語教室以外に英語を使う、話す機会がないから、

まぁ~忘れてる、忘れる、どんどんと 

発音練習と単語のチェック。



普段はこの後6時に母を起こしてまずヨーグルトを食させておめざ~させ、

朝食やら母の着替えやら入れ歯洗浄やら学習療法やら・・・

で、7時丁度に母は「フェアー」へ私は職場へのお出かけ、ゴミ出しの日はゴミ袋を手に。



順番も動線も使う時間の量もいつも同じです。



ルーティン化すなわち無意識の作業。

あれやらなくちゃ、これやらなくちゃと意識で作業するから、

めんどうくさい になります。


無意識に動いて、作業するから めんどうくさい がありません。


しかも組み合わせの順序は私なりに 目覚める を意識して組み込みました。





飲食店経営という夜起きての仕事を辞めて、

日中の仕事に変わって一日の流れをパターン化ルーティン化のスケジュール。

     毎日毎日同じ事を同じリズムで、

     最初は意識してですけど、

     繰り返す繰り返すひたすら繰り返す と慣れてくるのです。

     何にも考えずとも身体がサッサッと動いてます。



すべてがアッというまに終了しています 





我が家に泊まった友人が 「よく動くのねェ~」 と感心してたけど、

全然苦じゃありませ~ん。

逆に今や何か欠けると なんか気持ちがスッキリしません 状態。

でも最初の頃はかなり苦しかったです、意識していた頃の繰り返しは。

あきてくるというか、めんどうくさくなるというか、手抜きしたくなるというか・・・

ま、いっかぁ・・・・というか・・・・




出勤途中のバスの中。

英単語帳をみるか、会社のマニュアルブックを読むか、友人におはようメールをするか、

このいずれかです。

(帰宅途中のバスの中は、空をボーッと見てるか、ウトウトしているかのどっちかです。

 帰宅後のルーティンに備えてスイッチの切り替え中)



起床してからの一連の作業で脳と身体がすっかり目覚めていますから、

朝8時に職場に入った時は十分な集中力の立ち上がり状態です 




帰宅したらやはりルーティンで動きます。

基本となる朝と帰宅後就寝までの一日のルーティンをこなして

そしてその合い間隙間をぬって、

私と母のやりたい事やるべき事を意識化してこなします。



仕事をするうえでも、母の介護をするうえでも

そしてこのふたつを両立させるためにも

私にとってこのやり方はとても重要で必要です。




        で、昨日はルーティンにはないマーシャさんのシャンプー。

           日光浴ウトウト縮
                    ↑
          その後、陽だまりと一緒に移動しながらウトウトと・・・・

                     老犬ですからやっぱりシャンプーは疲れたみたいです・・・





                          
                      ブログランキング参加中、クリックお願いします
                          人気ブログランキングへまだ紅葉が綺麗です・・・ 







お泊り

                   眠りましたよぉ~~~ドンッと。



この間、基本的に週1回ペースの母のお泊りを中止していましたが、

「フェアー」 のケアマネ兼看護師Mさんと協議相談の上、

今回はスケジュール通り、昨晩母は 「フェアー」 で久しぶりのお泊り。


腰椎圧迫骨折の痛みを訴えることはほとんどなくなり、

問題は夜間就寝中の失禁だけ・・・・


声かけで起きてくれますが、
尿意で自発的に起きてくる事はなくなりました。

日中の尿量が少なく、夜の尿量はこれまた凄く、
声掛けのタイミングをはずすと大失禁。


声掛け勝敗は五勝五敗。


だからリハパン持ってのお泊り。
大量尿失禁用のリハパンとパット、買ってきましたし。


母がいなかったので昨晩20時頃には本と共にベッドへ。

普段私は母のベッドの下に布団を敷いて眠りますが

この時は母のベッドを借用で 「う~ん、お母さんの匂いがするぅ~」 と。

オシッコくさい匂いではありませんよぉ~ 


眠る時、

「お母さんもうベッドに入っているかしら・・大丈夫かしら・・・」

と一瞬考えますが、

「後はスタッフに任せる。考えない、考えないッ。眠るッ。 のよッ」

と夢も見ず、一度も目覚めることなく、 ば、爆睡!



今朝は3時45分に目覚めました。

いつもは4時30分か5時起きなのですが、

しっかり良質(?!)な睡眠を取った事により、

目覚め良好。




        私は 思い込み を植え付けてます、自分の脳に。


           「良質な睡眠を取ったのよ。

          リセットされて快調なはず。そ、快調でしょッ! 

          いつもこれで次のお泊りまで乗り切れてるのよね~

          やっぱり爆睡したから快調だゎ~」 
と。




あえて徹底的に意識しての 「プラシーボ効果」 の私なりの活用。

次のお泊り時の爆睡が自分へのご褒美とお楽しみにしちゃいます。

                     母にはちょっと申し訳ないのですが・・・・・ 




今朝の起床時、いぬのマーシャさんをオシッコさせて・・・・この方は又ベッドに戻って


今日仕事休みの私は母のお迎えまで

優先順位に乗っ取った一日のスケジュールをこなしていきます。





                                 
                          ブログランキング参加中 クリックお願いします
                                  人気ブログランキングへ今日、リースを作る予定
                          
    









ば、爆睡してみたい・・・

                  目がシバシバします。

                            なんか疲れてるのかなぁ~と思うのは



この間の圧迫骨折で母は「フェアー」へのお泊りを中止してます。

以前は大体週1回ペース。

翌日の自分の仕事を休みにして、この母のお泊り日は私の 爆睡日


普段、夜間のトイレ介助で2~3回起きますから、

睡眠が中断されて と 起きなくちゃの緊張 で熟睡感が非常に乏しいのです。




この母のお泊り日は

       友人と飲食を共にして仕事を忘れてのリラックスするか、

       たまっている本を読むか、

       それこそ19時前にはベッドへのどれかひとつです。

夜は爆睡ッと決まってます。



普段、介助の起床のために夜間小さな明かりを点けてますが、

ほんとは目の奥にある網膜が光を感知していて睡眠の質が落ちてよくないということで

もうこの夜は 真っ暗 にしての爆睡。

                 布団に入るや否や、融けちゃってます・・身体が。




翌朝、 よく眠ったわ~! の思い込みもあって体調良好、フットワーク軽し!

で、次のお泊り日まで乗り切るのがパターン化されてます。




でも先月の7日が最後のお泊りでした。

起床起立時の痛みを考えると「フェアー」のスタッフも大変でしょうし、

やはり母にとってもその方が良しとしての中止です。




最初の頃、自力でも声掛けでもトイレに行く事を拒否して失禁しておりましたが、

いずれ又、夜間トイレに通うだろうという前提で

母がいつ自力でトイレ行きたいコールをするか気にしてましたし、

声掛けはしておりました。

よって昨晩は2回のトイレへの声かけで、久しぶりの失禁なしでした。


             う~ん、爆睡したぁ~い!!!




               縮
                           ↑
                  いぬのマーシャさんのベッドのハーフケット
                                イチゴちゃんベッド はお洗濯中・・・
               

               繧ッ繝槭&繧薙↓繝阪Φ繝浩convert_20101202223341
                   私もこの方のように
                         いつでも爆睡してみたい・・・ 

                   
                   他にやることありませんから、

                   老犬ですしね、

                   ほんとに まぁ~ よく眠ります。                  

                                      う ら や ま しィイ・・ぞォ~




                                   
                         ブログランキング参加中。クリックお願いします。 
                                    人気ブログランキングへ       
                                         






もうおひと方

今の母は腰椎圧迫骨折のため、

かなり回復はしてますが、

以前のように夜間自分からトイレのために起きてきません。

よって失禁。




我が家にもうおひと方、失禁者が,



              いぬのマーシャさん。



老人性白内障で全盲になった途端、失禁がひどくなりました。

私が外出先から帰宅したら必ず絶対、オシッコのプールが何箇所も。

しかも床材の反射のせいではっきり見えないのです。

私は帰宅後まずは玄関で位置を確定します。

かがんで首を横にして・・・・・昔の古い民家の床下を覗くポーズで。

そしてすでに玄関に用意してある雑巾を持って特定位置に突進、踏まないように、まずは 


その後着替えて、それから本格床拭き、お酢の薄めたので。

マーシャさんはロングダックスだから毛が長い。

床材もオシッコを吸い込まない。

だからオシッコの後、足と足回りがビチョビチョで・・・・

         
                 

                     

                         

           

こんな状態の足跡が点々と・・・・・・部屋中、私がいないときの動線。




           daijyoubu.jpg
                      ↑
           最近買ったマーシャさんのベッド、中国製のジャブジャブ洗える安いやつ。

                       トマト かと思ったら イチゴ だった・・・



この方、実はご自分のベッドにも毎回。


          だから毎日これ。 後ろに掛かっている洗濯物は失禁した母の。
                      ↓
           干してます



最近は毎日毎日このおふた方のためのお洗濯三昧(?!)

オシッコ浸けの毎日。


     私はお洗濯だ~い好きだからいいけど、
        
           中国製の安い イチゴちゃんベッド、 いつまで耐えられるかなァ~お洗濯に・・・





                                 
                              ブログランキング参加中
                                     クリックお願いします
                                 人気ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。