FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2010年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年06月

おばあさんババァーでも

母はつい昨日まで白髪であったことがわかりません。


私が昨日白髪染めをした黒髪の自分を鏡で見ても

                      う~ん、特に反応なし・・・・




わからない母の白髪染めをしたのは

                     やはり 若々しく清々しく 見えること





入れ歯洗浄のために入れ歯をはずした人(母)の顔は

そりゃぁ~もう ウッギョッ   とする位、 おばあさんババァ~ という感じです。


髪の毛真っ白な人も同様 




でも入れ歯がきちんとしてたり、髪を染めてみると

            おばあさんババァ~でも キリッ と見えます。


う~ん、 見かけ って大事なんだなぁ~ と母を見て実感。





      もし母が認知症でなければきちんと白髪染めをしていた事は確実です。


      認知症でなければ、いつもこうありたいという思いがあっただろうの中で、

           例えば、もろ、 おばあさんババァ~ という感じは、嫌だと・・・・
                                  母の場合、絶対に!




今は自分では出来なくなった母の思いと感覚を継承です。

ヘアーカットも刈り上げスタイルは やりません。




    たとえ認知症であってもきちんとしてあげていたい、本人の代わりに。

    もし私自身が認知症であったら、やっぱりそうしてもらいたいから。


                       (ま、私の場合、白髪染めではありませんが・・・・)





今日はやはりデイで出かけた「フェアー」でも褒められたらしい・・・

「感じがすごく変わった」 「素敵だ」 と。

母をお迎えに行った時、スタッフが言っておりました。


「フェアー」からの連絡帳には

後姿だけの母を見て他の利用者さん達が 「あの人、誰?」 と。

そして母が振り返ったのを見て 「あぁ~!(瑠璃さんなのね!)」 と。

母は キョトン? ・・・・と。

            其の姿がなかなか微笑ましかったらしい~


              よかったねェ~、お母さん。




                          
                     ブログランキング参加中
                            上下クリックお願いします
                          人気ブログランキングへ