Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2010年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年05月

バス の中で

職場への出勤でバス利用が多くなってのある日。

仕事帰り、バスの中で座っていました。




と私の前のふたり席におばあさんがひとり。

そこへもうひとりのおばあさんが。

      あばあさんA 「あら~〇〇さん、お久しぶりぃ~。ここ、ここに座ってぇ~」

      おばあさんB 「あら~〇〇さ~ん」
  

ご近所同士らしいこのふたり、会話が盛り上がっておりました。
  
              ・
              ・
              ・
     おばあさんB 「ねぇ、それ何?」

     おばあさんA 「ああ、これね。嫁からなのよ」



おばあさんは首に何か袋を提げています。


     おばあさんA 「携帯よ。いつもひとりの時は持って歩いてるのよ」


袋から携帯を取り出して。しかもその携帯、ちゃんと袋に連動しています、紐で。


     「あんた、携帯、使えるの?!」 とおばあさんB


     「使えるわけないじゃないの。

      息子や嫁が教えてくれたけど、こんなのできるわけないじゃない。

      でもね、ここ見て。

      この黒く塗りつぶしてあるところ。 音が鳴ったら、ここ押せって。

      ここ押すとしゃべれるのよ。

      嫁が仕事に行く朝、首にかけさせられて、絶対離すなって。

      嫁が昼休み仕事場から必ず電話よこすのよ。

        ~ 何してる~とかお茶飲めとか・・・ ~

      今日も私がお稽古に出かけるもんだから、絶対離すなって。」



     「嫁さん、やさしいじゃない。心配してんだね」


      「そうなのよ。前に私が留守番してる時、骨折しちゃったでしょ。

       だから私をひとりにしておくの、心配みたいで。

       息子なんか会社行っても電話なんか全然してきたことないけど、

       嫁だけはいつも電話してくるのよ。留守番を心配してくれてるみたいで」


      「これなんかも嫁が縫ってくれたのよ」
 と携帯入れ袋を。


      「ほら、〇〇神社のお守りも縫い付けてあるでしょ」




そっかぁ~ そういう携帯の使い方、持たせ方もあるのかぁ~ と感心。



ふと、うちの母の場合と考えてみましたけど、

う~ん、全く無理、  携帯の意味も、袋の意味ももう何もわからないから。

それにひとりでお留守番できないし、ひとりでお出かけする事もありません。

あまりにも認知症が進行し過ぎてますから。




                       
                   ブログランキング参加中
                       上下クリックお願いします
                       人気ブログランキングへ


予期せぬ出来事

私の人生で 予期せぬ出来事でした。

         初めての歯痛、そして顔半分 ボンッ、パツッ!

         こんなにも痛いものかと・・・・・・・・



もし、東に歯痛の人がいれば、駆け寄って
 
「わかるよ、わかるよ、その痛み! 本人にしかわからない その痛み!!」

            と ギュッ と HUG HUG  してあげたいくらい! だったなぁ~の痛み。

西にいる人も然り。





私は幼い頃から大人になっても

自分の母が アルツハイマー病認知症になるなんて思った事もありませんでした、
全く、全然、これっぽっちも 


その母がアルツハイマー病認知症になっちゃっています。

私の介護が必要です。



      ほんとに、人生の中で 予期せぬ出来事 でした。

           母の介護も  今回の私の初めての歯痛も !!



予期せぬ出来事~
          ま、そんなもんですよね。





             そして 予測された出来事 ・・・・



昨日の段階で、顔をその前の晩一晩中冷やしたのが効をなしたのか
腫れも痛みもひと段落。

でもその時ほとんど眠る事は出来ませんでした。

おかげで昨夜は布団に入った途端、ばぁ~爆睡。

母の最後のトイレ介助が23時30分。
             ・ 
             ・
             ・
アッ と思って私が ガバッ と起きたのが、朝方5時30分。

         「お母さん、トイレは?!」

         「行くわぁ~!」  といつもどうりの母

        でも 起き上がった母は 失禁 しておりました・・・・・





夜間、最後のトイレ介助から4時間以上経って、母が自力で目覚めなければ、
            私が起こしての声かけトイレ誘導が必要

                 ↓
私は4時間以上経ったら母をトイレ誘導しなければならない

                 ↓
前日寝てない私が、その晩爆睡するのは当たり前・・・だったぁ・・・

                 ↓
爆睡したらトイレ誘導ができない

                  ↓
トイレ誘導が出来なければ、母の失禁の可能性70パーセント以上。
          


       なのだから 当然!十分!予測されたことでした。




但し、母は今回の自分の失禁が認知できず、

           「汗、いっぱいかいちゃったんだねぇ~お母さん」

           「あら、ほんとだわ」 と本人は、自己嫌悪的嫌な思いをせずに済みました。

前回は微妙に自分の失敗を認知していて 申し訳なさそうでしたから。

やっちゃった本人と、それを防げなかった私。 私達ふたりの共同責任だもんね~



お布団も防水シート上範囲以内での失禁でしたから、

敷布団破棄もありません。 




                        
                     ブログランキング参加中
                           クリックお願いします
                        人気ブログランキングへ





痛みに耐えて~!

                       まいっちゃいましたぁ~ 




歯が痛くて・・・・・!!!

しかも ボンッ てな感じで腫れちゃいまして・・・・・顔右半分!!!


先々月から咬合の矯正も兼ねて歯科治療中。
人生何十年ぶりかの口腔内全面改装中。


一昨日の夕方から痛みが・・・・激しい・・・・
翌、昨日朝起きたら ズンッ ズンッ と激しい痛みと共に、 目の下から頬っぺたまで ボンッ。

でも仕事へ。


仕事終わって、母をお迎えに。

自宅で母と。
夕食の準備をしなきゃいけないのに、 痛みで 脳みそがぁ~身体がぁ~動かない・・・・
鯖の味噌煮とかの予定が、作るという行為までたどり着かない。

レーズンパンにバナナにリンゴにトマトにチーズと蜂蜜入りミルクティーの
夕食の豪華さ(?!)に縁遠い夕食でした。

          切っただけ・・・切ってすむものだけ・・・しかもやっと・・・とりあえずお母さんに何ンか・・・





          そしてその後、母の大好きな計算ドリルのお相手。


母は私の歯痛は理解できないから、 いつも通り  は、はずせません。


              「せんせ様ぁ~、 に 足す はち は 10?!」

              「ええ、そう・・・」

              「じゅうはち から よん 引いたら 13?!」

              「たぶんカン違いしてるかもね。も一回、手で数えてみたら・・・」


暗い・・・・元気がない私。 

     当然・・・

          頭の中は

          痛いッ!
           痛いッ!

            痛いッ!!!


                             で埋め尽くされてるから・・・・!





歯科医院から痛み止めをもらっていない。
この痛みと腫れは、想定外だから。
友人に電話して痛み止めを持ってるか聞きましたが、残念でしたぁ~ 



昨日の段階で 「何が何でも、明日歯医者へ行かなくちゃ」 だったのが

                ギョッ

                         今日は日曜日  だったぁ~~                                                                            


せっかく仕事休みをとったのに・・・・
(私の仕事は祭日も日曜日もない出勤。)

今日この日が日曜日だということが,歯の痛みと共にみごとに欠落していたぁ~の ショック。
凄~い ショック



昨一晩、ウンウン唸りながら顔を冷やしておりました。

今朝、腫れるにいいだけ腫れ切った歯だか、顔だかの痛みは
すごく治まりました。

そっかぁ~ 腫れてくる最中が一番痛いんだぁ~ ということで。



今の顔。

殴られたような赤タン色まで憑いちゃっての、
右半分横から見ると
「は、は、鼻がないッぞ!」状態。

ま、とりあえず耐えられる痛みに。  フーッ!

                  



      瑠璃ちゃん語録


             「私、歯が痛いのよぉ・・・・・」

             「あら~ 歯が痛いのぉ~?!!
                   だめよぉ~ ちゃんと歯医者さんで直さないと!」

           
             「うん・・・・」



     
      一見、認知症の人とは思えないこの普通の会話。

            でも5秒後には忘れておりましたなぁ~・・・・・母は。




                          
                      ブログランキングに参加中
                            上下クリックお願いします
                          人気ブログランキングへ






確実な病気の進行

          アルツハイマー病の進行は止める事は出来ず、確実に進行していく中で、



最近の母の場合、

            周辺状況の変化はあまりなく、

            本人が不安を起こさない環境つくりに配慮していると

            穏やかでニコニコといるのですが、

            中核症状の進行は確実にみられます。




一緒に出歩いている時。

ご近所さんと出会った時、私が挨拶すると

母も笑みを浮かべて

             「こんにちゎ~」 と。

             その後、「あの人、誰?」 と。
   
            「ご近所さんよ」

            「あらそうなの?!

            私は知らないけど、せんせ様、えらいわね~ちゃんと挨拶して」



だったのが、今は一切せず無言。無視てな感じ。

            そして 「あの人、誰?」

            「ご近所さんよ」 と私。

            「ふ~ん、私知らないわ」

挨拶をしなくなりました。




自宅に友人を含めた来客があってももうしなくなりました。

           以前は来客時、 「お母さんご挨拶して」  というと
               
           満面の笑みを浮かべてご挨拶。

           時には 「あらまぁ~ お上がりください」 と。

今はしません。





少しずつやることが減っていきます。

言語を確実に失いつつもあります。

反応を示すものが少なくなりつつあります。

無表情な場面が多くなりました。



           アルツハイマー病の進行の最後は

          追視が出来なくなり、無動となり、寝たきりになるとのことですが、

          確実にそれに向かっているという事でしょか・・・・・




          但し、最近、又、特にご機嫌な場面が多いのです。

             それは私にとって救いです。





                     
               ブログランキング参加中
                      上下クリックお願いします
                     人気ブログランキングへ







続くのよね、この体操

            今は太陽と共に起きての、毎日の朝に




朝5時前後に起床してから、
母の起床7時までの2時間ちょっとの 私のためだけ の段取り。


起床して
母のトイレ誘導(母はも一度、ベッドへ)をし、
自分の水分補給、
寒さなんか関係なしの部屋の窓全開での空気の入れ替えやら、
                             勿論、母の部屋以外。
洗濯機を回し・・・・・ながら




        そしてまず最初に!身体を目覚めさせるためにする 体操



        続けるために無理せず負担にならないようにと 簡単な体操                  


             足踏み器械で足踏みウォーキング
                 ↓
             ラジオ体操的ストレッチ
                 ↓
             両腕筋力アップのためのダンベル (但し、たった1キロの超軽! 
                 ↓
             下半身強化のためののスクワット
                 ↓
                  ・
                  ・
                  ・


最初は気合も入っていたんですがぁ~ 3日で飽きてきてましたなぁ~~~・・・・

        いちぃ、にぃ~、さぁ~ん、・・、・・、 (う~ん、単純・・・・)

        え~と、あといくつ?! まだまだかね、終わるの・・・と段々・・・そんな調子・・・に





      私は言葉をしゃべる事にしました。 ~ある日突然のひらめきで~

           1、2、3、・・・というカウントの代わりに。


        おかあさん ありがとう」   ~これで カウント10.

        「まーしゃさん いつも そばにいてくれて ありがと」   ~カウント20.

       「わたしは かんしゃしてます うまれてきたことに」  ~これで カウント20.

        「うんでくれて ありがと おかあさん」  ~これも カウント15.

        「おかあさん だあいすき 」   ~カウント10 

        「おかあさんも マーシャさんも わたしは だいすき」   ~カウント20.
           
        「おかあさんも まーしゃさんも ながいき してよね」   ~カウント20.

        「きょうも しあわせな ひを」   ~カウント10。
                
        「きょうも すてきなひで ありますよに わたしたち」    ~カウント20.
                           
                    ・
                    ・

                 エトセトラァ~  てな調子がいっぱいで~

       人との出会いを含めていろいろもろもろにも、友人にも、感謝の言葉で・・・・・

                           これ以上書くと 赤面ッ ・・・・!




これらを声に出して言いながら

「いっちに、おいちっに~~」 的に身体を動かしてやってるうちに

あっというまに、ホントあっというまに 200、500・・1000・・とカウントできてるわけです。



数字じゃないカウントだと何故か飽きない・・・・そりゃ、そうだ

だから続いてます・・・・継続のための私的工夫

しかも終わった後、

何故か心が 感謝 という感覚に満ちていたりして・・・・!も 心地よいものでして~!



       しっかりこれで目覚めた私の脳と身体は

               「今日も頑張るわよぉ~ッ、私」 てな感じ。



足踏みやらダンベルやらスクワットやら、一見ハードそうですが、

時間は掛けません、微妙な疲労感が残るまではしません。

継続する事が目的だから無理はしない、20分位。




      この2ヵ月以上続けてきて、いつのまにか 身体の芯 がしっかりしてきた

                        ような気がする・・・けどぉ・・・!!




                    
               ブログランキング参加中
                     上下クリックお願いします
                    人気ブログランキングへ






どっちが・・・

         昨日の母の日、仕事を終えて母を「フェアー」にお迎えにいった時。



帰り際、母と手を握りながら
ちょっと玄関先でスタッフと立ち話。
その数日前、そのスタッフが持ってきておいた 筍 を
私もおすそ分けして頂いた、そのお礼も兼ねて。


と、母の日という事で母が作った(?!)ペーパーのカーネーションを
別のスタッフが持ってきてくださった。



        「瑠璃さん(母の名前)、忘れ物ですよ、はい、これ」 と。

        「なに これ?!」 と母。

        「母の日だからカーネーションです」

        「え~? 母の日? え~? 私が母なの?」
        

        「う~ん、じゃぁ~ 私が母かな~?!」 と ちょっとふざけて私。


        「うん、 おがっちゃまぁ~

                      と 眼をクリッと開けて、私に向かって即答。





  う~ん・・・・ないなぁ・・・

        私達が親子だというのは確実だけれど

        顔も似てるし、手なんか全く同じ形してのそっくりそのままだし・・・、

        でも私はあなたを産んだおぼえがない~・・・・ぞォ・・・うん、ない!




        どうみたって あなたのほうが年上、誰が見たって あなたのほうが年上。


            順番からいくと どうみてもあなたが 母。




  PS. 母は秋田県生まれ。 だから おがっちゃ。 ~おかあちゃん~




                           
                      ブログランキング参加中
                             上下クリックお願いします
                           人気ブログランキングへ



母の日なので

               母の日なので すき焼き 

                             の予定でしたが、止めました。





すき焼き

    これは我が家ではちょっと意味があります。



幼い頃から父の給料日は すき焼き。

当時、幼い私達姉妹にとって ものすご~いご馳走の日。

お父さんの給料日と すき焼きの日 という特別の日でした。

昔は今みたく給料は振込みじゃなく、封筒に入っての手渡し。

ひと月これだけ働きましたという厚みと重み。

給料日はそれを実感する日ということで、

母はその日はふんぱつ  

父と、お給料袋に感謝して 

ところがたまに父はそのまま、給料袋をもったまま同僚と飲みに行ってしまう。
その日、すき焼きを用意して待ってる母。
育ち盛りの娘達は 「お腹が空いたぁ~すき焼き早く食べたい」 とピィーピィーッうるさい。
定時に帰ってこない父 (つうより父の持つ給料袋を かな) を待ちながら
時間の経過と共に、だんだん母の眉毛も上に持ち上がっていってましたぁ~  ・・・                               


今は当時のような特別なご馳走というわけではありませんが、
何かあるとすぐ すき焼き が頭をよぎります。

今の私には栄養のバランスがとれた、且つ、手っ取り早い料理でもありまして・・・
切って煮るが1回で済む料理ということで・・・


で、今日は仕事でしたし、簡単に すき焼き と思っていましたが、

お鮨に変更・・・・更に簡単コースになっちゃったわけで~


知り合いが握ってくれたのですが、

彼女が手渡ししてくれた時、

冗談めいて 「いっぱい愛情も握っておきましたぁ~」 と。



お家で母と食すとき

       「お母さん、これはお鮨よ。 母の日だから今日はお鮨。

        愛情いっぱいのお鮨なのよ。

        はい、こうしてお醤油つけて~」
 と私。

       「愛情て言うんだぁ~これ」 と母。

       ( 違うんだけどォ~ ) ううん、お鮨て言うのよ」
                 ・
                 ・
                 ・
         モグモグ・・カミカミ・・ムシャムシャ・・
                 ・
                 ・ 
                 ・
       「おいしいわねぇ~この愛情」


      母によって 愛情 と名ずけられたお鮨でした。



広告含めて街中日本中どこを見渡しても 母の日 なので

一応人並みに母のために参加しておこうということで

母の日のプレゼントは お出かけ用の帽子 にしました。

               うん、とても似合うぞッ、お母さん






                     
                ブログランキング参加中
                          上下クリックお願いします
                     人気ブログランキングへ 
                   母の日なのでカーネーションにクリックを


     

更に早起き

              目が離せないので~

                            寝てる間に・・・・





今朝は4時過ぎには起床。

いつもの5時過ぎ起きより早い。


いつもの自分のための、出勤のための、1時間半。

そしてそれから朝食準備、お弁当作り、洗濯、母の学習療法、そして朝食・・・という

いつもの決まりきったスケジュールのための5時起き以外にやる事。



それは私のお風呂


シャワー入浴だけなら時間が掛からずだけれど、

洗髪が加わると話は別。

洗って乾かして整えて・・・長くて多くて・・・でもって1時間弱。



     我が家では母と私はふたりきりなので

     母は自分の視界の中に私がいないと アッ というまに不安に。

     私の視界の中に自分が入っていないと感知(?!)するとこれ又不安に。
                              感が鋭い・・・・!



           だから母が眠っている間に 



私がお風呂場にこもっている間にトイレに行きたいと目覚めない事を祈りながら・・・

それでちょっとドキドキしながら・・・

タイミングを見計らってお風呂。

今や、朝の母のパターンは一定安定しているのでトイレコールさえクリアーすれば

7時のおめざ まで大丈夫ですけど・・・・



いささか仕事終わって帰宅時は ボワ~ン と眠たかったけど・・・・

明日の出勤はなし。

だから気分的に余裕の今の時間。

普段はもうお布団の中 ですから。



        そして明日は東京から友人が来訪予定。

        8年ぶりの再会。


          今の私をみてビックリするにちがいない、まちがいなく!




                      
                ブログランキング参加中
                        上下クリックお願いします
                      人気ブログランキングへ




楽な方で

           夜間のトイレ誘導介助に関して 

                           友人から言われた事があります。




「お母さん、歩けるのだし、

夜間に関してだけでも、

自分から起きてきた時は、ひとりでトイレ行ってもらえばどうなの?!」

と私を心配して。



う~ん、そうなのですが、



夜間目覚めてトイレに2,3回いくのが何故か全然母は平気ですが

そう、私は正直、キツイ!!ぞッ!!!



母に対して唯一不快に思う、母の摘便行為に目をつぶって・・・・

拭き終わったトイレットペパーを袖口にキープしちゃうのにも目をつぶって・・・・


      「お母さん、ひとりでトイレ行って来てェ~」 と 私は布団の中からぁ~・・・



どんだけ私の睡眠の 質 が上がるだろう、

どんだけ普通に 熟睡感 得られるだろうと思うと・・・・



 
と、私もしたいのですがぁ・・・・・




問題は

       母はトイレの後、ひとりでベッドに戻れませぇ~ん。


広くないお家ですが

私も横になっている自分のベッドがある部屋も、ベッドそのものもわかりません。





開けっ放しで私が横になってる、自分のベッドのある部屋も覗いて・・回れ右して・・・、

部屋から部屋へドアーを開けては閉め、

クロゼットのドアーを開けては閉め・・・・

・・・・歩き続けます、お家の中を・・・・・永遠(?!!)に。



              表情は悲しげで、不安模様。





私は起きて

「お母さん、ベッドに横になって。

ここがお母さんのベッドよ。」
 とお布団を掛ける事になるわけですし・・・

だったら最初から誘導と介助で、一緒に起きて一緒にいてあげるのも同じことで・・・

・・・・・・毎回の誘導と介助。




   「だんだん、何もわからなくなったのぉ・・・」 と言う母を

        なによりも、悲しげに不安の世界に行かせなくてすみますから。

               その方が私的には絶対 楽 




                        
                    ブログランキング参加中
                       上下クリックお願いします
                        人気ブログランキングへ




    PS. なもんで、母が「フエアー」でのお泊りで

       夜間私一人のときは
  
       いやぁ~夢も見ずして、爆睡なのです。


       翌朝スッキリ  フットワーク軽し  で

       又、しばらくず~っと  乗り切っていくわけです、

       仕事と、母との生活を。

    




めざめ

                   母の睡眠の質に関して ウ~ン と唸ります。



夜間トイレで2~3回起きるわけです。

                自ら パッ  と起きます。



最後のトイレから4時間以上経ったら

失禁オネショの可能性があるので、声かけ。

眠りこけてる母に 「お母さん、トイレは?」

「行きたい!」

                 これも パッ 



トイレが終わって

「も少し、寝てるわ」
          そりゃ寝ててもらわないと困る・・・まだ夜中・・・だぞ

                ベッドに入って1分以内に グ~グ~ 




トイレに関しての目覚めもすごいけど

その後の入眠も アッ というまにすごいのです。



2時間から4時間ごとの目覚め。

全然平気な母。

午睡も決して(!)しません。

「今眠ると夜眠れなくなるから、眠たくても寝ないのよ」 とキッパリ。




おかげで大変楽なのは 朝起こす時 


私は朝5時前後の起床で

自分のためのやることをやり、

後は朝食の準備、出勤日はお弁当作り、いぬのマーシャさんの世話をし・・・・・

そして母を起こすだけなのですが、

「お母さん、トイレどう~?」

「行くわ!」 でお目覚め パッ 

トイレの後はそのままおめざのヨーグルトを食しての起床。



   但し・・・ィ・・、

    毎回トイレ誘導と介助の私は、スッキリ熟睡感が全然ありませ~ん・・・・!!



             なんで母は平気なんだろう・・・・・?


                    
                      
                       
                  ブログランキング参加中
                        上下クリックお願いします                
                       人気ブログランキングへ