FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2010年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年02月

3年目になりました

  2008年お正月、

      入居施設からお正月休みで我が家に来ていた母をそのまま返さず、

      そのまま始まった母と私の、1人介護生活。

                    今年正月で3年目に突入。



  そして今日は

       母が「フェアー」に通い始めて3年目に突入。




フッ と振り返ってみて、

      アッ という間の時の流れ・・・つう感じ。



  
母を自宅に引き取って「フェアー」に通い始めるまでの1ヵ月以上もの間、

  私はすべての仕事(お店と英語教室)を休み、

  母に24時間、貼り付いておりました。


  私のお家という、新しい環境に慣れてもらうために。

  そして私にとっても、母が抱えた アルツハイマー病を理解するために。
             
             ・
             ・
             ・
             ・


  やっと我が家に慣れたら、

  今度は夜間、私がお店仕事の開始ための、母のお泊りという、

  母にとっての更なる新しい環境。


  当時は、時には、行く事拒否や、毎日変わる母の不安不穏状況の変化・・・

           私は私で預けている間、心配で心配で、いやぁ~もう心配で・・・

今は整った環境にすっかり順応し、何の問題もなし。




     まる2年間の介護生活でいろいろありました。


         母の中核症状の確実な進行 があります。

         但し、規則正しい生活のリズムと安心できる環境での

         周辺状況の劇的な改善 が見られる今、

         私も頑張ってきたつもりですが、


            母本人が、一番 頑張りました。

                   母は笑顔の穏やかな人になりました。
                          入居生活での母を知っている人は母を同じ人物とは判らない位に。



  

          そして 一番変わったのは、私自身です。

          自由主義的、個人主義的、独身主義者の私にとって

          認知症の母を引き取っての生活は

          私自身の内面を、あらためて見つめなおす、きっかけでもありました。

          私は母に感謝したい。




  今は全くといっていいほど不安、不穏をみせることもなく、穏やかにニコニコ。





         季節を楽しみながら、

        ふたりで一緒に食しながら、

        犬のマーシャさんがいての、ふたりで過ごせる幸せのありがたさ。
   
        

        介護生活ではなく、ふたりの穏やかな生活、 3年目の開始です。



      


                  
              ブログランキング参加中
                     応援クリックお願いします

                  人気ブログランキングへ