FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2009年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年12月

せめて説明責任だけでも・・・・

                      介護家族の気持ち




木曜日は、
     私がお店定休日なので「フェアー」のお泊りではなく、
               私と私の友人とでの、クリスマスイブを過ごした母。



その夜、
     便秘がひどい母に
              予定どうり、下剤フォルセニッド12mgの投与。


翌朝一番で脳外科の受診。
     帰宅後から予定どうりの排便の始まり。


量をみて、
     もっと早く投与すべきだったと反省。深く反省。


但し、

投与後の排便のためのトイレコール回数、半端じゃないので、

「フェアー」でのお手数は申し訳ないと

出来るだけ私の手間だけで、

下剤投与後の介助はやろうと思っていますので、

どうしても木曜日夜の投与、翌夕方までの時間内で 処置を と・・・・

木曜日にならざる得ません。
        ・
        ・
        ・
とりあえず、大量の便の排出。
消耗感も全くなし、血圧正常での、その夜の「フェアー」のお泊りへ。





         そして翌朝5時50分の「フェアー」での出来事の始まり。

咳き込み。

枕元に嘔吐物あり、胸元も。

掛け布団の下に、軟便2塊、あり。

              と訪室によって確認された由。

しかも嘔吐物の中にタバコのフィルター混入。

「大が出たい(したい)」の訴え続く。

6時40分に救急センターに電話。
「緊急性がない」ということで、様子見との見解。

7時40分に家族(私)に電話。

                          ~介護記録より~



「今から行きますッ」と、それを電話で聞いて 仰天   の私。
「もう、落ち着いてますから、大丈夫ですよ、いらっしゃらなくても」


「多分、便ショック?!であろうが、落ち着いている訳ね」 という事で・・・・

    ・・・とりあえず!安堵して・・・又、    へ・・・の私・・・・

        ・・・・いつもどうり11時45分に「フェアー」へ母をお迎えに。



が、
     その時、何の説明もなし~~~~全く、全然、一切!

                 誰からも。




え~とぉ~

私としては、母を連れて帰宅して、連絡帳を開いて更にビックリ。

いつもの、毎日の連絡帳に
以上の件の時間経過を記載した担当者の介護記録のコピーが添付されていただけ。

だけ。それだけ!

朝7時40分の私宛の電話の内容そのままの。


     連絡帳にも一切の説明なし。言及なし。

                誰からも。




え~とぉ~

私としては、介護記録のコピーを読んで、

    嘔吐物が気管に入らなくて良かった良かったぁ

                                 が、まず一番、十分でした。



そして、え~とぉ~

掛け布団の下に排便。
じゃ、お母さん、ウンチの中で寝てたの?
ベッドから出て起きてたの?
2塊のウンチの量はどの位?
軟便?泥状便に近いの?

ベッドの上にかがんでした感じなの?
掛け布団、汚しちゃったの?
下着やパジャマは、どんな風な汚れ具合なの?
それとも汚れてないの?
        よそ様の記名入り下着、穿いて帰宅だったけど・・・


救急センターに電話したと言う事は
どんな緊急性の、母の様子だったの?
血圧下がっちゃったのかしら?
5時50分の訪室から6時40分救急センターへの電話までの間、
不安そうだった?
それとも不穏まで?
母はどんなんだったの?


救急センターへの電話が6時40分で、
何故、私への電話は、7時30分なの?
私の家は歩いて3分、
空飛べば1分なのに・・・・・
何かあったら、即、私に電話を!といつも云ってるけどぉ・・・
何がどうだったの?


え~とぉ~

母の我が家での前日夕食は17時15分。
何故、12時間後にタバコのフィルターを2個、嘔吐するの?
嘔吐の量はどの位だったの?
色は?

物を持たない、着たきりの母が私のタバコを持ち込んだとしたら、
どうやって?
パジャマに着替える時は、気づかなかった?
どうして・・・・・?


その後はずーっと起きていたという事ですよね?!
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
知りたいわけですよね、状況を。

      特に、その時の母の様子を。

           ただ単純に・・・・。
 
               別に 答えを じゃなくて。

                   わかんない事はわかんない で仕方のないことで・・・




問題なく、元気に生存していてくれましたけど、

迎えに行った時、あるいは、せめて連絡帳に・・・
ぺラッと 介護記録のコピーの貼付のみではなくて・・・

           説明して下さってもいいんじゃないかぁ~と

                    言葉があってもいいんじゃないかなぁ~と


                        しかも、ちょっと思っちゃいましたぁ、
                                   介護記録って、公開を前提しているの?って。




説明つうか、言って下されば、

           こちらからも 質問も出来るじゃないですかぁ~





ま、つう事で

午後に、別の用事でこちらから事業所に電話して、
      こちらからのアクションで説明していただきましたです。

但し、担当者への聞き取りが行われなかったのか、
あるいは不十分だったのか、
母のその時の様子の説明は、不鮮明、不明瞭の感は否めませんでした。



  要は、まずは、

         最初の説明責任を回避されたことに

                   ビックリした訳ですわい


                                           つうことでした。



母は調子が宜しくない・・・・・・・





          
                  
            上下のブルーシール2ヶ所にクリックお願いします

          
          人気ブログランキングへ