FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2009年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年11月

久しぶりの友人だから

昨日、
日中の母は、若干の不安。

「大がしたい」コール。
      下剤投与すべき、or not?!の微妙なところでした。

夜間お泊りの「フェアー」で そこそこの排便あり で、
      今日の母は、いつもの、ぶっちぎりのご機嫌・・・・・ ホッ。



今日は、
先日の私の大ドジ、背中打撲の痛みも治まり、
勉強部屋の掃除と、寝室の掃除。

ひとり暮らしだった時と比べて、
ひとり増えた母との生活の中で

部屋の汚れ具合は、速いわけで、

背中痛いぞぅ~の間は、人目に当たるところだけは、とりあえず整理・整頓。

但し、プライベートの部屋の汚れようといったら・・・・・トホホホ状態でしたぁ・・・。



昨日、久しぶりの友人の訪宅があり、

「最近、ちょっと、重いんですがァ~私のパソコン・・」の一言で

パソコン内のゴミ除去(?)やら、設定の変更やら・・・・・・
マウスの掃除やら (これ位は自分でやるようにと言いながら)・・・・・・

私には全然、全く理解不能のことを、いろいろ、やっていただきました。


但し、場所はプライベートである私の勉強部屋。

新聞の切り抜きやら、本やらが床の上。 アッ、わたゴミもぉ・・・!

紙ごみやら、ペンやら、前日の食べ残しのミニトマトやら、etc・・・が机の上。


      Oh ,dear、dear・・・・     ちょっと 汗

                        明日、絶対、掃除よッ と自分に言い聞かせながら・・・・



ところで、
暫く時間が空いての、久しぶりに会った、 友人の言葉。

     「マーシャさん、痩せたねェ~。ほんと、老いたねェ~」

     「ジュリアさんも痩せたねェ~」


時の流れに、マーシャさんは、
                完食すれども、少しずつ痩せていき、老いてゆき、


そして、2年近くの介護生活における私は

          きっちり時間帯と、きちんと中身の、食生活が、

          そして、
          母のトイレ、付き添いしながら、
          便座してる母のおしゃべり相手をしながらの
          スクワットとか、腹式呼吸法が、


                 私の脂肪をそぎ落として、極めて健康的な身体に変わりました。



   人によっては、介護疲れで痩せた と誤解して、

             介護は大変と 更なる誤解をされてる場合がありまして・・・・・
                               

                                                      
                              それは全然なしですゎぃ と説明。




       人気ブログランキングへ

                   ブログランキング参加中
                        2ヶ所クリックお願いします