FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2009年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年11月

不安と尿意、 だった人

         今日も元気                    

                   母もマーシャさんも私も・・・・
                                   身につまされて実感の ア・タ・シ、特に。


 

     今日の関東地方は  

この間、背中打撲という大ドジを踏んで
部屋の片づけなど問題外てな状況ではありましたが、
骨折もなく、脊髄損傷もなく、内臓のダメージもなく・・・
打撲のみと判明 (自己判断ですけど) して、

     今日の   に、一気にやる気、満々

                布団干し、大洗濯・・・・フーッやったぁ~!!




最近の母は全くと言っていいほど、不安げな様子を見せる事はありません。

便秘気味ではあるため、
その様なお腹の中での圧迫感を感じた時、

一瞬だけ、

大が出ない」 との訴えながらの表情が曇る時がありますが・・・・



便秘に関して

     規則正しい時間のきちんとした食事と
     運動と
     アロエヨーグルトと
     食事量と排泄量を比べて絶対的に排泄量が少ない場合に投与する下剤。


基本的に下剤の投与は避けたいけれど、2、3週間に1回位の割合で投与。
消耗感もなく、順調に排泄。
                  
         仕方ないかぁ~




母は以前、不安になると、すぐ尿意を訴えました。
終わったばかりでも訴えていました。
一時期は閉口しましたです。
その回数、半端じゃなかったですから。 凄かったァ~~!


       外を歩いていて・・・・・
       あるいは、私がたとえ声かけしながらでも、バタバタ掃除やらをしていると・・・・・
       新聞読むのにおもわず夢中になっていたりすると・・・・・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・


   私はそれの時、
     
          母の不安の中に入る事にしました




      オシッコしたいのぉ」と母。

外出中は

   「うん、私もしたいのぉ。トイレ見つけようね、早く。私もしたい」 と私。

   「あぁ~よかったぁ~ 一緒だね」 と母。

   「早くトイレ見つけようね

   「そうね、がんばるね


おうちでは

   「あらぁ~ヤダァ~私もよ。一緒だね」 と私。

   「あらぁ~せんせ様もぉ~?!一緒に行こう、あぁ~よかったぁ~


不安がトイレコールを、 トイレコールが不安への癖になって 喚起される。
母の中には、トイレ介助が申し訳ないという気持ちも、存在していますし。




       不安とトイレコールその両方に

                 私もよ、同じだね

       という母の中の世界に一緒にいてあげることによる

                 母の安心感の喚起。




「オシッコしたい」の訴えに、 「はい、トイレはここよ」だけじゃなくて。


今の母のトイレコール回数は激減し、
            まったく通常の尿意の訴えと変わらなくなりつつあります。



      人気ブログランキングへ  
                             ブログランキング参加中
                                     2ヶ所クリックお願いします