FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2009年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年08月

病気の進行

    やっぱり進行しているアルツハイマー病


昨日、「フェアー」でのお泊り時、ベッド下に排尿があり、
布団着衣の汚染はなく、下着を下ろしての排尿との事。

2年近く前に母を入居施設から引き取った時は、リハパンのおむつ着用で、
ちょっとでも目を離すと夜間などはベッドの上でパンツを下ろして排尿。
そんな状況を、月日をかけておむつから普通のパンツへ、
そして確実に尿意を訴えられる、
確実にトイレ誘導できる状況へ改善してきたのだけれど、
ちょっと後戻り(?!)かな・・・

入居施設から引き取った時は、両手引きの歩行介助、時には車椅子状態が、
今は手引きなしの一人でスタスタ歩行。

自力歩行が問題なしでも、
私はいつでもどこでも手を握って歩きます。
転倒予防と、私が母の手のぬくもりが好きだから。
ところがここ2,3ヶ月前から、
歩き方が前のめり気味、
足が逆ハの字型の着地、
握って歩く手の力の入れ方が強くなっていて、
私の手を支点に歩いている感じです。
歩行のしっかり感が失われつつあります。

時には饒舌におしゃべりをしますが、
言おうとしている事の言語が口からスムースに出て来ず、
言語表現能力の低下がみられます。
「うぅ・・」と詰まる。

掛け算と割り算の区別が付きにくくなりつつあります。

前頭葉機能の活性化を含めた脳機能の維持改善を重ねて
不安・不穏・孤独を取り除く事により、
周辺状況の劇的な改善が見られている中で

病そのものの進行は私にはどうしようもありません・・・。

母とのこの穏やかな日々が送れる事だけでも
良しとするしかないわけですなぁ・
・・・!



瑠璃ちゃん語録

   今日も今、私が記事更新書いてる横で計算ドリルの自習。

   「せんせ様、はち、く、70?」
   「違うかな・・72じゃないの?!」と私。

   「しち、引くしちは0だって。0ちゃんてかわいそう」と母。
   「何故、0ちゃん、かわいそうなの?」
   「だって0ちゃんて何もないんだよぅ。」と答えた母。



人気ブログランキングへ
         ブログランキングに参加中
                クリックお願いします