FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2009年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年07月

介護の原点・車椅子

昨日NHK「ためしてガッテン」で寝返りや車椅子への移動等を
いかに介助者の負担をなくすかの方法をテーマに
介護特集をやっておりました。
二組のご夫婦が登場されたのですが、
介護なしでは動けない寝たきりの要介護者が
それぞれの夫、あるいは妻に頼る中で当たり前の事として介護にあたる家族。

介護される人と介護する人、二人の幸せと希望。

いやぁー良かった本当に良かったですよぅ

91歳のご主人が寝たきりの87歳の妻のために、
車椅子に乗せて一緒に出かけたいという思いと希望が


「花が咲いたら花をみせてあげたいですよ」
「木の実がなったら木の実をみせたいですよ」


と語られていて・・・

この人間としての極めて普通ではあるけれども、思いやりそのものの言葉に
ほんとにグーッと来てしまいました。

ご主人は車椅子に移動させる為のコツは覚えたのですが、
結局、寝たきりの奥様は、長い間の寝たきりで足が硬直して膝が曲がらず
いましばらくは硬直した足にマッサージ等のリハビリが必要となって、
車椅子に乗れないのです。
今度は、車椅子に座らせるためのご主人による毎日のマッサージが始まり、
3ヶ月経った今は動かなかった足がベッドの上で十分動くまでに
回復。

あともう少ししたら、車椅子を押してご主人が車椅子に乗った奥様と
外で花を愛でたり、木の実を手にしたりするのだと想像すると、
私まで幸せな気分。

介護する側とされる側の思いやりと目標。そして希望。
こんなのを見ると私までいっぱい幸せを頂きます。
多くの人達は幸せをもらったはず、多分。

もしかして次回同じテーマで特集組むとしたら、このご夫婦が再登場するかも。
二人で外にいる姿をみたいなぁー。
多くの人達も同じ思い、多分。


この放映を見てたとき、私は自分のお店に居たのですが、
「この放映が終わるまで、お客はまだ来なくていいからねッ!」
思わず心で言っちゃっておりましたね。
ちなみに昨、水曜日は定休日をお客の要請で臨時開店しておりました。




        ブログランキング参加中
             赤白シールにクリックお願いします

人気ブログランキングへ