FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2009年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年07月

あたしはいぬのマ-シャです⑤

   みんな誰もが、赤ちゃんでした


ジュリアママはブログの背景を替えました。
犬好きの友人からは評判がいいの。

マーシャさんもこんな風にコロコロプキュプキュだったぁ・・・・とジュリアママ。
偶然見つけて、あまりの可愛さにメロメロのジュリアママ。
シンプル イズ ベストのママも子犬の無邪気な愛らしさ満開の写真には
勝てませんッ。

この写真の子犬は、チョコレート&タンという毛色だけれど、
あたしはブラック&タンという黒色のやつ。


そしてあたしだって、こんな風に赤ちゃん特有の可愛い時もありました。
そして瑠璃ちゃんおばあちゃんも赤ちゃんの時がありました。
ママもそうです。
そりゃそうだ、あの二人が生まれた時があのままだったら、
超不気味!!! 超怖ッい!!!ですぅ・・・

皆、赤ちゃんで生まれて、生き抜いて年老いていく・・・
どの生物みんな同じ。
人間は人間社会という枠組みの中で、時には運、不運に左右されて
振り分け振り落とされる時もあるけど、それは人間ばかりでなく、
全ての生物の、生存競争という過酷な仕組みなのかもしれないです。


うちの瑠璃ちゃんおばあちゃんも、
もののない時代、病気になったら死ぬ時代、人権のない時代、
戦争という時代を生き抜いてきたんですよねェ。


ママはこのブログの新しい画面の子犬を眺めて
「お母さんはどんな赤ちゃんだったのだろう、可愛かったんだろうなァ」と
思ったりしてますぅ。
あたしが可愛かったように。
あ、あたしは今も可愛いですけど、勿論。

瑠璃ちゃんおばあちゃんは、昨夜、便ショックを引き起こして
いつもの穏やかな生活がちょっと崩れました。
ママは冷静さをよそおいながらも、その処置と処理に、

おばあちゃんの顔をみつめながら、声をかけながら
内心、額にあぶら汗状態でした。

たまたま、昨夜、おばあちゃんはママとおうちで一緒の日だったので、
良かった良かったです。
ほんと、良かったァ。




     ブログランキング参加中。
        上下シールにクリックして下さい。ワンワンバゥバゥ
人気ブログランキングへ