FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2009年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年06月

追記;小規模多機能型居宅介護 

  追記

今日前回のブログ上の間違い。
母のサービス利用料金は利用者負担1割で¥26、058ではなく、
今回の改正で¥26、314でした。
そして利用者負担1割で残り9割の¥236、823は国から支払われる事により
事業所は計¥263、137を受け取る事になります。


ここで今現在母が通っている「フェアー」のケアマネ兼管理者が
            露呈させた問題


下記の表は2008年7月10日付朝日新聞掲載の要介護度による給付金の
標準額
    (今回の改正によって数値の変動、上昇あります。)

    要介護1  11万4300円
    要介護2  16万3250円
    要介護3  23万2860円
    要介護4  25万5970円
    要介護5  28万1200円


小規模多機能型の場合、最も介護を必要としている人を最優先しつつ、
利用者のニーズに対応するよう定められているわけです。
しかしケアマネ兼管理者が利益の獲得を最優先させた場合、
上記の金額どうり(データとして若干古いけど、あくまで参考として)
利用優先を要介護1より要介護2、2より要介護4、とか5の方が
断然利益率が良いわけです。
しかも例えば週1,2回の利用でも全額給付で、週5回利用でも同じ。
ならば給付金額の多い介護度が高く、週の利用日数の少ない方が
利益率がきわめて高くなり、介護現場の負担が少なくもなるわけです。
いずれもし仮に母が私の仕事の都合で週5日から週3日になったとしても
事業所が受け取る給付金は全く同じ。


今現在のここのケアマネは露骨。

以前、母が週5日と最終決定したにも拘らず、私のニーズを無視して
平然と週4日を突然要求してくる。
「ジュリアさんの所ばかり、サービスを一杯やってあげる訳に行かないのです。
重度の人も入れないと。」
私の反論と拒否にあったら一言
「経営難で「フェアー」が潰れたら困るのはあなたでしょ。」

最初の頃、仕事の都合で緊急の預かりを要請したら、その日の利用定員数が
達していないにも拘らず、拒否され、再度要請したら、
1泊¥15,000の有料施設を紹介される始末。
たった1泊で見知らぬ環境へ母を預けるわけにいかないので仕事もキャンセル。

要は毎月の国からの満額給付は決まっているから、母の1日が増えても
現場の負担となるだけで、利益にならないわけです。

次回の介護保険法の改正にあたって国はこの小規模多機能型を基本モデルと
するらしいのですが、
その施設に利用者を受け入れるか否かの決定において
あるいは利用者へのサービス提供にあたって、
会社事業所が利益配分率のみを重視して、このケアマネが行っている如く、
利用者へのサービスの低下が生じる可能性も介護家族としては心配なのです。

体験者は語る、 つう事でした。

今度は追伸。

このケアマネの凄いところは、私が彼女とのこういったやりとりを全て
母の施設利用時、毎回交わされる連絡帳の中でやっており、スタッフ、
会社からの上司、地域包括センターの方と第三者の目に
十分に触れているわけですが、全く全然気にしない。
スタッフ同席の会議上でも、「私は会社から注意も何も受けておりません。」と堂々と。
家族が会社から頂いたこの彼女に関する謝罪文は、一体どんなトリックなの?と
一瞬疑う始末。
そして同じ事の繰り返しの私物化。

この私物化に関して私が抗議。

 私 「母は戦前戦中戦後を生き抜き、保健師、看護師として
    お国に貢献してきた中で
    お国から介護サービス保険の提供を受けているのであって、
    あなたから受けているわけじゃありません。」

ケアマネ 「そりゃそうですけど、決めるのは私です。」


今や勝手に家族代表を解任されても何の異議申し立てを言わない私。
だからかなぁー・・・
・・・お出かけ行事で、他の利用者さんはその後、ファミリーレストランでの食事を
するしないの選択肢があれど、母に関してその通知は一切なしで母だけは
お迎え要請。
ま、いいんだけど。
スタッフの皆さんが母のニコニコを引き出して自宅生活の継続支援を
十分やって下さってるから。

このブログ、市の担当者とか見てくれないかなァ・・・・・・


人気ブログランキングへ
   ブログランキングに参加しています。
      上下のシールにクリックお願いします。

小規模多機能型居宅介護

 

小規模多機能型居宅介護は、「宅老所」をモデルとして、
2006年4月の介護保険法改正に伴い、新設されたものです。

 ○ 24時間365日体制

 ○基本は「通い」だが、「訪問」と「泊まり」もあり。
      母の場合、「通い」と「泊まり」の組み合わせ。

 ○ 登録定員制
      登録定員25人以下のなかで、一日の通い15人以下、
      泊まり9人以下に限定。
      母の所は登録定員18人(今現在の登録人数は14人)、
      通い9人、 泊まり5人まで。


 ○ サービス利用料金
      介護保険法に定める介護給付費の1割負担。
      母の場合、要介護4で26、058円の負担。

 ○ その他の費用
      食事と泊まりは実費
      母の場合、泊りが1泊3、900円と食事代で、
      月14万円から12万円の間。

      キャンセル料は24時間前まで無料、以内は1割。
      (利用者の容態急変等の緊急時等はキャンセル料無料)
        ・
        ・
        ・
自宅生活を中心にそれを継続して支援しようという通い、訪問、泊まりサービスの
組み合わせなわけで、母の場合、私の仕事のスケジュールの都合で
お店営業の月火金土日の5日は夕方18時から翌日11時50分まで
通いと泊まりというのが基本です。
但し、母の場合、私の仕事が夜のため、他の利用者さんと比べて
日中と夜の利用が逆です。

人によっては、家族の日中の仕事の関係でその間の朝から夕方までの
通いの方もいたり、
週に3日だけの通い利用の方もいたり、
家族の緊急の用事で泊まりとなる方もいるという風に
1日の利用人数限定の中で利用者およびその家族のニーズに
こたえているわけですけど、
私の感覚としては家族が仕事を持っている場合日中の通いのみならず、
泊まりへの対応という24時間体制でもあることから、
特に私の様な仕事持ちの、母を施設入居させる事はもはやあり得ない
独身一人介護家族として
私の仕事以外、在宅で母と一緒にいられることはありがたいことです。


うちの場合 
       
介護家族にとってシステムとして重宝な中で、
母本人にとってはというと、ここ「フェアー」の場合、スタッフの多くに
素晴しいものがあります。

私自身、母を自宅で介護する中で学習療法を試みたり、体操したり、
作業療法を取り入れたり、母が認知症にならなければしていたはずであろう事を
手助けというかたちでやっている訳ですが、
そういった機能訓練を含めて私が目的としているところは、
母を不安から解放することなのです。
母のニコニコ顔、満面の笑み、それだけで十分。
そういった私の方針を多くのスタッフが理解してくださっている事です。

お迎えの時の母のあのニコニコ顔、お泊りに連れて行った時のスタッフの
母への思いやりの気持ち、もうそれだけで私も母も十分です。


施設で何かをやってもらう事を期待する前に、
家族が認知症の家族に何をするのか、すべきかが大変重要で、
そこで初めて自宅と施設での自宅生活の継続支援の関係が成り立つのだと
私は思っていますので、
そういう意味では今現在の「フェアー」のスタッフとの関係において
小規模多機能型というサービスは私にとって十分機能しています。


小規模多機能型は当然大規模と違い、人数に合わせて部屋も小さく、
利用者3人にスタッフ1人中で密着した対応が出来ます。
目が届きやすいというより、スタッフの180度の視野の中にお年寄り達が
十分入っています。
それもいいところです。

大組織というのは人数が多い分、それに比例したいろいろな考え、
意見というものが出る中、それらを調整したり、取り入れたりしてしながら
結論を導き出すのは中々大変で、時には自浄作用も生じかねないけれど、
ここの「フェアー」に関して、管理者を兼ねたケアマネの施設の私物化という形で
利用者とその家族に対して、介護保険法は無視して自分の手法と権限で
ケアマネイジメントを行っている場合、
一般常識的倫理観の欠如としての資質の問題は後は会社が
地域における信頼を回復するためにもどう判断するかに掛かっています。

うちの場合、スタッフの多くが母への思いやりを持って、
母と私に対応してくださるのでその点は安心です。
他の利用者、家族も同様です。



ブログランキングに参加してます。
    上と下のシールにクリックお願いします。
人気ブログランキングへ