FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2009年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年06月

父と子

先日、母上を介護なさってる友人からメールが来ました。
その方が仕事で現場へ行ったときのお話し。
そこの現場監督さんが話しかけてこられたそうです。
「Nさん(私の友人)はお母さんの世話をしているんですって?大変な事でしょう。
私は脳に障害のある子供(といっても推定35歳くらい)がいて、
施設に預ける事も出来るけど、
自分が生きているうちはいっしょに暮してやりたいと、そう思っているんです。
死んだ後は仕方ないけど・・・・」

その監督をなさっている方とは、私の友人は
7年前からの知り合いなのだそうですが、
友人曰く、「普段見えない部分が見えて、人ってそれぞれ背負うものの為に
頑張っているんだなあと、なにか、暖かいものを感じた日だったね。」と。

私もそのメールを見てすっごく幸せな気分でした。

いいですよねぇー・・・!

人気ブログランキングへ
上下のシールにクリッツクお願いします