FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2009年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年05月

介護家族は独身女

 ー我が家のスケジュールー

私は夜はお店のママチャン、日中は英語教室のティーチャー。
お店オープンは20時から。水曜日日中と日曜日午前中は我が家に
生徒が来ます。

母の瑠璃子さん(あの年齢では中々モダンな名前で・・・
時代的にはトメとか鶴子とかの気がするけど・・・)は、
私のこれらの仕事の関係で地域密着型小規模多機能型という
タイプの介護施設でお預かり。

夜18時過ぎに瑠璃ちゃん(私はそう呼んでまぁーす。)を預けにいって、
瑠璃ちゃんは翌朝11時50分まで私がお迎えに行くまでそこでお泊り。
一緒に帰宅して二人と一匹(名前はマーシャさん。母はチャンずけ、
犬はサンずけ。)で ランチというとかっこよく、ま、昼ごはん。
17時半の夕食を終えるまでのずーと18時までいっしょ。
水曜日は11時50分お迎えでなく17時お迎え。
拠ってその日の日中は私は英語のお仕事。
お店はお休み、翌木曜日もお休み。
つうことで瑠璃ちゃんも水曜日、木曜日は我が家でお泊り。
つまり水曜日17時から金曜日18時過ぎまで私たちはずーッと一緒に
すごせます。
金曜日夜から又私はお店、瑠璃ちゃんはフェアー(施設の名称)で
お泊りの始まり。

これが我が家の週間スケジュール
 
ここにひとつの問題が隠されているわけ。
お店オープンが20時ということは、帰宅は3時から4時な訳です。
つう事は私は4時から5時に布団に入らなければいけない。
でも帰宅してもすぐ眠るとは行かない事情(?)なのです。
英語のテキストの件やら、最大はマーシャさんです。
瑠璃ちゃんがお家にいるときは やはり瑠璃ちゃん中心ならざる得ないし、
何故なら瑠璃ちゃんトイレの場所も認知できず、
私のことを「優しいおばちゃん」と呼びかけるりっぱに介護度4の人なのです。
だからマーシャさんは、いつも寂しい思いをしているから、
せめて二人(ま、一人と一匹だけど)だけのときはいっぱいhug、hug
してあげたい・・・・・・!

つう事で布団に入るのが5時過ぎが当たり前。

もし神様仏様誰かが何か私にプレゼントをくれるとしたら、
もちろん瑠璃ちゃんの認知症を治してとお願いするけど、
次には”す、す、睡眠をーーー!私に!!てな感じ。