FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2020年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » CATEGORY … ああー仕事

仕事・お店

  時には介護の話で    

うちのお店は造りも表向きもいわゆるスナックです。
でも、私自身はジャズ超大好き派なので、お店のバックミュージックは、ジャズ


コルトレーンとかエリック・ドルフィーとかビル・エバンスなんかがかかっている。
私も時々、ジーパンとワイシャツとかで、お店にいるし・・・・

でも、お客さんはこっちで演歌、こっちで若い子達は今流行りの歌絶唱。
(カラオケが始まったら皆、それぞれ勝手にやってます)
演歌が歌い終わるとジャズが流れ、つぎに歌謡曲そして又ジャズが流れ・・・

先日、ジャズ好きのお客さんが来たとき、
他にお客さんがいなかったので、
二人でジャズのCDを爆音にして聞いていました。


その後、何故かお客さんが入りません。

ジャズ好きのお客さんが帰った後、
入ってきたお客さんに言われちゃいました。

「ママ、あそこまで大音響でジャズが流れていると
まるでジャズハウスみたいでお店に入りにくいよ。」


アチャーーッ   と私。

全然、気が付かなかった・・・  そう、表向きはスナックだぁ・・・!

うちのお客さんは、カラオケもやるけど、
基本的に私とおしゃべりするのが大好きです。

家族家庭の事、会社仕事の事、彼氏彼女の事・・・・・etc.
いい事も悪い事も含めて誰かに聞いてもらいたい。
今日ニュースで報道された事、最近の出来事・・・・・etc.
自分の意見を言ってみたい、聞いてもらいたい。

人は誰かに話を聞いてもらうだけで、ストレスを軽減できます。
楽しい事は倍増するし、聞いてもらうと。


最近は私が母を抱えている事を知っているので、
ご自分の56歳の娘さんが脳梗塞で倒れられた、79歳のおばあさんが、
そしてグループホームに勤務している若い女性が、
又、ご主人に気を使いながら、自分の親を引き取った介護家族が、
話をしにいらしゃる。

私といろいろおしゃべりして、意見交換して、カラオケでも歌って、
少しでもストレス軽減、気分転換になってくれればと思っている私です。

介護の話を暗いと思うお客さんや真面目な話が暗いと思うお客さんは、
うちのお店には似合わない。
訳もなく蝶よ花よと持ち上げない、
お世辞も愛嬌もないお店で
それがないのが気に入らなければ
自分に合った他のお店へどうぞ式のお店だからかなぁ・・・・



そう、だから貧乏スナックなのぉ・・・・・




       ランキング参加中
           赤白シールにクリックお願いします

人気ブログランキングへ

その後の顛末

あなたが噛んだ小指が痛いィー の顛末

あたしはいぬのマーシャです。こんにちわ。

うちのママは、小指を噛んだ友人に電話した。
彼女もかなりの、打撲によるダメージを受けてるはずだからと心配で。
青タン赤タンあちこちだそうで、しかし、いつもどうり元気。
はい、彼氏と仲直りもし、とってもぉ、元気でしたぁ。

ママはママの小指の件をお話した。
彼女は全然覚えていませんでしたぁ!

酔ってたからねェ・・・!

ママはお説教。
「うちのお店だから良かったけど、他店だったら警察沙汰よ」
「偶然の出会いが必然となったのだから、別れが来るまで別れ話は
しないように。」
     ・
     ・
     ・
そして、最後に「女に暴力をふるう男には十分に気ぃつけるように!」

ママの小指はパツパツのハリ感はとりあえず治まり、
少しは曲がるようになって、日常生活に支障はなくなりつつあります。
恐れていた骨折の疑いは晴れました、ホッ。


でも、ママは改めて実感した。
認知症の瑠璃ちゃんおばあちゃんを抱えて、
本当に怪我と病気にはなれないなぁーって。

小指一本でこんなに行動や活動が妨げられるなんて、
おばあちゃんの着替えひとつでさえ、
イダダダ痛ィーッでした。



人気ブログランキングへ
        ブルグランキング参加中
           白赤シールにクリックお願いします



あたしはいぬのマーシャです⑥

あなたが噛んだ小指が痛い、ゆうべの夜の小指が痛い・・・   by 伊東ゆかり


あたしはいぬのマーシャです。こんにちわ。

土曜日の夜、ジュリアママのお店でその事件は起きました。

ママの友人が彼氏とママのお店に来たのだけれど、
そのうち二人は「別れる、別れない」の口論が始まっちゃって・・・・
ま、ママは、慣れが生じてきたカップルによくある痴話ゲンカと思っていたけど、
な、なんとそのうち、取っ組み合いの乱闘(?!)に発展。
ママは「まずッ」と思って、止めに入って・・・・


問題の場面。(瞬間の出来事)
彼氏が本気で彼女を殴ろうとしたので、ママは彼女の顔をかばおうとして、
瞬間的!に右手で彼女の顔を覆ったの。
彼氏のパンチが飛んでくるのと同時に、
パニクっていた彼女は同時に瞬間的!に
ママの右手小指をがっつり噛んでおりました。
     ・
     ・
     ・
なんとか乱闘は終了し、二人は仲直り(!?)をして無事、帰宅。
ママの小指は第二関節あたりがパックリ裂けており・・・そして血も滲み・・・
あー噛み切られなくてよかったぁ・・・と、うちのママ。


翌朝、ママはベッドの中で右手がぱッーんと張った熱感で目が覚めましたぁ。
右手を見てママはびっくり仰天。
なんと小指が親指と同じ大きさに成長してましたーぁ。
全然小指が曲がりませんッ。
直立不動のままのママの小指。

熱感とパンパンの張り感としびれと痛み。

ママは何をするにも小指を立たせたまま、つうか立ったまま
まるでオカマさん状態。
イダダダァ痛いッと動作も緩慢。

瑠璃ちゃんおばあちゃんをヘアーカットに連れて行く予定でしたが、
美容院の予約をキャンセル。



あなたが噛んだ小指が痛いぃ・・ゆうべの夜の小指が痛いぃ・・
つうことでしたぁ・・・!


瑠璃ちゃん語録

     最近ママはお店に浴衣出勤。
     下駄を履くので足の爪にマニュキュアをした。
     トイレ介助の時、それを見た瑠璃ちゃんおばあちゃんは
     「あらぁーせんせ様、足痛くないのぉ?」
     「痛くないよ、どうして?」とママ。
     「足から血が出ているわよぉ」と
     ママの足の爪の赤いマニュキュアを見て・・・・・・瑠璃ちゃんおばあちゃん。



         ブログランキングに参加中。
             赤白シール二ヶ所にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ