FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2020年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 「Benz」と写真でコラボのショールーム

「Benz」と写真でコラボのショールーム

我が家の,いぬの瑛太は

2011年の3.11東北大震災で被災した,

100頭以上の犬を抱えたブリーダーからのレスキューでした.



8歳を超え,水頭症の病を持ち,

なかなか新しい飼い主が見つからない中,

それなら 我が家の子に  となりました.


認知症の母を抱えて生活しておりましたから

生きものというのは病に罹るものなのだ と納得理解しておりましたので,


脳量三分の一しかなくても

発作を抑えて治療受けながら

普通に暮らそうね  ということでしたよ.




そして 「アーク」 からやってきましたよ.

NPO法人「アニマルレフュージ関西」  ←


この保護団体はイギリス人のエリザベス・オリバーさんが立ち上げ,

私がその活動を知ったのは

阪神淡路大震災の時のレスキューの様子が

テレビで報道されていたのを観たのが初めてでした.




このアークの犬猫たちの写真を撮っていらっしゃるのが

写真家の原田京子さんです.


今東京の 「Mercedes Benz」ヤナセ目黒支店 で

この車とのコラボのアークの写真展がショールームで開催されています.



と,原田さんのFBを覗いたら,

あらまぁ~~瑛太ではないのぉ~~ でありました.


レスキューされて間もない頃,

私にとって初めてのトリミングをして原田さんに撮っていただいた瑛太の写真です.


瑛太選手,選抜されて大パネルでアピール中  ということらしい.

14,10,21



今にち,ペットとしての動物は供給過剰でもあり,

又多くの犬猫が飼育放棄されて,

時には殺処分場に送られてもしています.


人間の勝手な事情であったり,....うん,やっぱり勝手な事情が多過ぎ...


その中で幸運にもレスキューされた犬猫は

新しい家族を待っています.


犬猫は家族として人間と共生できる素晴らしい生きものですよ.


成犬成猫はそのキャラが確立されていますので

逆にそのキャラに合わせ対応をすればいいので

飼いやすいのですよ.




母もすでにベッドで就寝.

一日の終わりの秋の夜長.

母のセーターを編んでいる私に寄り添っている瑛太とのひと時です.

私の大切な家族です.
14,10,21 1


        クリックお願いします ↓
               

              彼らは 生きているものたち なのです.

              人間と同じように.     






*** COMMENT ***

じーじょさんへ

そうなのですよね~

生き物を飼う ということに関して
いのちであることやそれを預かるということや
共生するということがどういうことであるのかということに
無知であり過ぎる人が
結局,”捨てる”という結果を生み出していると思います.

時には
ペットショップというところは
生きた可愛いおもちゃを売っているだけのところも見受けられます.
勿論,そこから購入されて素晴らしい家族に出会えたワン達もいます.
ある意味,命びろいになった子です.

私の中で未だ理解出来ないのは
飼い主が自分で殺処分場にいぬという生きものの家族を持ち込む人.

お~~かっこいい~~

瑛太君、今だともっと幸せなお顔しているでしょうね~~

殺処分ゼロとか言う前に
ショップで生体を売らないという法律を作らない限り
ウンチは放置する、要らないと保健所に連れて行く
とんでもない奴が多すぎます。


根本から変えないと、いたちごっこですよねぇ~~
子供の居ない家庭、そこが1番犬達はくつろいで、大切にして
貰っているように思います。

おもちゃじゃないのだから~って思います。
人格があるなら、犬格がある
同じ哺乳類動物だって事、人間は忘れています

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう