Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

介護する者

介護生活をしていて、

介護とは

介護者にとって 「やってくる死を見つめる作業」 でもあるのだな と。


もちろん、

早くお迎えが来て欲しいと願う介護ではなく、

少しでもすこやかに長生きしてほしいと願う介護の中で。




地球上のいきもの全てが100%の致死率な中、

母のような高齢になると

そのタイムリミットが若い時とは違って鮮明だから。



母が「フェアー」を10年以上利用している中で

やはり亡くなられた方は多い。


次に「フェアー」に顔を出したらいらっしゃらなかった・・・・

私も何人かの利用者さんを知っています。


それを聞いて

「次は母なのだろうか」 と思ってしまう。


スタッフにとっては

昨日まで一緒に過ごした利用者が

そういった事情でいなくなるというのは

回避できないこととわかっていても

死を突き付けられるのはツライものだろうと思いましたね。 


介護・看護職に従事している人は

それに対面する機会が圧倒的に多いでしょうから。



そしてそれは、

自分の家族も含めて他者の死が、

無意識の中で、

本能としていつか訪れる自分の死を感じ取るという作業でもありますから。




今朝ちょっと そうだね と思う記事を見つけました。

(抜粋)

。。。。  

でも、人はかならず死ぬということについては、
 ひとつの例外もない。

 こんなことを書いているぼくも死ぬし、
 と読んでいるあなたもやがてはかならず死ぬ。
 そういう意味では、みんなみんなおなじだ。
。。。。。。

 ではどこにいるのかと考えたくもなるのだけれど、
 どこにいようがいるまいが、かまわない。

 その人が生きたせいで、ここにあるもの。
 そいつが、生き続けているのだ。

 こどもがいたら、こどもはまさしくそういう存在だ。
 その人が買ったもの、つくったもの、書いたもの、
 その人が語ったことば、怒ったもの、悲しんだもの、
 その人が抱きしめたもの、その人が育んだもの、
 その人が別れたもの、その人が歩いた道、
 その人が吸った空気、その人が祈ったこと、
 すべて、そのまま、その人が死んだからといって
 いっぺんに消えたわけではない。
 そして、ものも、ことばも、場所も、思いも、
 その人が死んだあとも、続きを生きている。

 それを「あの人は生きている」と、言っていいと思う。
 お墓にいようがいるまいが、どこでも続きをやっている。 
 ぼくが死んでも、そうなると思うと、なんだかうれしい。

生きているうちは、じぶんがじぶんの続きをやっている。





今日は

いつも土曜日生徒が今日になり、

”召し上がれ”
17,06,25

ベーコン・玉ねぎ・卵のピラフ。 ほうれん草・コーンのバタ炒め。

モズク・長ネギの醤油麹スープ。   母用モズク、絶賛借り出し利用中 


今日は朝からの来客もあり、

スケジュールが混みだしてバタバタと。

なので ”召し上がれ” は手抜きであった。。。。


生徒はちょっとお疲れ気味な感じだったので

「飲む点滴ですよ~  と言われて、

食後に我が家の自家製の甘酒を飲まされた。


しかも甘酒の効能の能書きを私に聞かされながら  



母は授業中、ベッドの中で待機。

後半あたりに 

「ウガウガじゅっちゃん~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 」
 と声が出てきて

お元気ちゃんでありました 



私も母の長くないいのちを見つめながら生きています。

決してもう長くはない、この介護生活を

丁寧に生きていきたいと思いますね。


       クリックお願いします
                 ↓              
         
      今日の授業中はオチッコしに行きました。
      ボクがシート上でクルクル回りながら狙いを定めていると
      授業中断して生徒とうちのJulia は沈黙の凝視で。。。。
      そのうち 「瑛太~外さないでね~」 とうちのJulia の大声が~
      見事に外しました

               













たまにはお出かけも♪

今日までお天気。



明日から雨模様とのことで、

今日は母と一緒に買い物に行ってきました。



いつも通りの午前中、

「フェアー」からのお迎えが来て、

外階段をスタッフふたりがかりで車いすごと降ろしてもらって。

母はそのまま「フェアー」へ。



30分後に

私は「フェアー」に母を迎えに。

一緒にすぐ近くのドラッグストアまで行くことにして。


陽射しは強かったですが風が心地よく吹いていました。


店内で。
17,06,28 1

帽子とひざ掛けは私が去年作ったものです。

今日の日差しのために今年初めて着用の帽子です。

あと今はまた、もう少し大きめの夏っぽいひざ掛けを作成中 




母は自宅と「フェアー」の往復がほとんどです。


たまにこうして連れ出します。 

薔薇も観に行きましたよ。

「フェアー」でも

利用者さんを車に乗せてちょっと遠出することもあります。




ドラッグストアは我が家の近くで、

距離的には

お日様を浴びるのに、暑さ的にも、ちょうどいいのです。 

日光浴も兼ねてしっかりビタミンDも確保して 




アルツハイマー型認知症のひとには、

安心・安全の、しかも安定した環境が基本ですが

時には環境の変化による、ちょっと刺激も必要です。



店内で母は 黙々 のひとでしたが

でもやっぱりキョロキョロもしてました。


視覚を通していつもと違う光景で

脳はちょっと刺激になったに違いありません。



楽しかったかな~ そうじゃなかったかな~?! と

どちらもわかりませんが 

私は楽しかった、母と過ごすひと時でした~ 




と午前中を終わらせて。

午後から母が帰るまでお仕事で授業でした。



          クリックお願いします
                ↓
           

         明日・明後日は母は「フェアー」お休み日でも
         私は連日仕事が入っていますが
         母との時間はゆっくり過ごしま~す。











母を知る友人

あぁ~朝から素晴らしいお天気。

フットワークも軽し 


しかも母と瑛太がいてくれて

心地よく時間が流れていっている今日という日です。



母の晩ご飯
17,06,23

枝豆叩いてサワークリームと。 生姜とネギと大葉で鯵の叩き。

温奴にエリンギ・しめじのトロトロかけて。

合挽ミンチとニンニクと松の実の定番の玄米肉粥。

玉ねぎとグリーンアスパラの生クリームポタージュ。

Green Smoothie で果物と生野菜を。



「フェアー」お休みの母は今日も調子がいい 



訪問マッサージの時も

私が車椅子の横にひざまずいて、

「おかあさ~ん、マッサージの先生がいらしたわよ~

これからマッサージ受けて気持ちいいわよ~良かったわね~」
 と声掛けしましたら、


顔をこちらに向けて声は出さずとも、

目で 「はい」 と反応してましたから。


そんな普通のひと(認知症でない)のような反応に

マッサージの先生も驚いていました。


いつも母は 黙々 のひとですから。





午後から友人が来ました。遠方より。

他の所用で来たのでが

時間の隙間に我が家に立ち寄りでした 


10年来の、でも滅多に会えない、とても若い友人です。



母のことをとてもよく知っています。

昔私が仕事の都合で母の面倒を見られなかったとき、

私の代わりに母のそばにいてくれたりしてました。

とてもありがたかったですね。



今日は

数年ぶりの再会でおしゃべりに花が咲いて  

横で母は車椅子で穏やかに過ごしていました。




帰り際、 「お母さんの手を握っていいですか?」 と。

「もちろんもちろん、お願いします」 と。


友人は優しくしっかりと母の手を握っていました。



そして

「お母さんはもうボクのこと、覚えてないですかね~・・・」 と。

「私のこともわからないので覚えているわけありませ~~ん」 と 



数年前、

自力でスタスタ歩き、

学習療法の算数に夢中だった当時の母が思い浮びましたよ。

この友人は母のこの学習療法に付き合ってくれていました。


母は当時すでに十分なアルツハイマー型認知症でありました。



ボクちゃんもご挨拶したよ  

眠っているところをうちのJuliaに起こされて  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

17,06,23


          クリックお願いします
                ↓
          
  









ヘンです、母。

ちょっとヘンです、今朝からの母は。

いい意味でなのです。



起床時の

「おかあさ~ん、おはよう~ から

ベッドでの清拭更衣介助中もず~と、

私のいつものほぼ同じセリフの声掛け話しかけに応えるのですよ、

その度に。



着替えますよ~ 脱ぎますよ~ ゴロンしますよ~ 上手ね~

拭きますからね~ 気持ちいいでしょう~ 脚上げて~ ありがとうね~

ここ変じゃない?!(パッドが股にちゃんとフイットして違和感ないかどうか)


。。。 。。。 。。。。 。。。~ と言う私の言葉に

はい、はいはい と。




普段はありえませ~ん。

普段は嫌な顔することなく、ただ黙々と介助を受けるのですよ。


ごくたまに数回反応する日があるだけです。




驚きました、この予期せぬ展開に。


私の脳内ではドーパミンもオキシトシンもセロトニンもなんでも

あらゆる脳内幸せ快感化学物質と名の付くものがドバドバと流れてきて、

ハートが   


おかあさん、ありがとね~ と。




ベッド端座位で上パジャマも着替え終わって。

しっかり座っています、自力で。

ちょっと頭痒いそうです。 

バランス崩すことなく普通に掻いています 
17,06,22

身体的にもさらにしっかりです。 支え介助なしです!


朝食介助時も

いちいち声かける私に反応してました。

「美味しいでしょう~ どお~?!」 などの話しかけにも

私の目を見て 「ウン」 と頷いて 



但し、

起床介助・朝食終了後は

とても強い傾眠をみせていました。




一体、今日の母の脳内はどうなっているのでしょうか。 不思議。


「フェアー」にお風呂入りにみんなに会いに出かけていきました。



アルツハイマー病で脳神経細胞が圧倒的にダメージを受けて、

しかも多分高齢による脳の萎縮もある中で、


それでも残った脳神経細胞が

今朝は突然活性化ということでしょうか。




夕方「フェアー」から帰宅した時はどんな風になっているのだろう~。。。。


元に戻ってほぼ黙々のひとかな・・・・・ ま、多分。



今日は

母が「フェアー」に行ってる間の午前中授業が変更になったので

デスクワークに切り替えて、予定外のやることもこなしながら

母が帰宅するのを待つ の図の私。


帰宅した時、

朝のような母の反応を期待しないように と戒めながらも(ガッカリ感軽減のため)

やっぱり半分は期待している私 



           クリックお願いします
                ↓
           
 
           朝から素晴らしい一日の始まりです。
           母のおかげで 













手を離して~♪

凄い雨と風で。


母は車でのお迎えでした。




最近、お腹周りをチョリチョリ掻き始めている母。

ロクシタンシアバターを多めに塗布して。



「コリコリ~(これこれ)、ダメよ~掻いちゃ~」 と言われると

何故か止める母。 着替え介助時に。


でも夜中の就寝中にボリボリのようで。。。。 朝起きたら傷あるよ~・・・・



爪も短く切っていますが

やはり傷になります~



ここ2、3日でそれが顕著になってきているので

「フェアー」看護師さんがお薬塗布してくださることになりました。

今朝のお迎え時、言ってくれて。


こちらが どうしようかな~ と思っている時に

看護師さんの方で先手を打ってくださる。 もう~感謝です~





母を送り出してすぐ、

私は友人とのバトミントンのスケジュール。 


今は

基本、水曜日はバドミントン、金曜日は卓球で(但しコートが空いている限り)


休憩挟みながらも2時間の圧倒的な運動量でした。


二人ともかなり上達してきて

「どこかで他流試合しようか~」 と冗談も飛び出して 




今日はザワークラウトを仕込んで。 小さい方は生徒女子用に。
17,06,21 2

今回のは

キャラウエイシード・ホールのブラックペッパー・ローリエ・鷹の爪で。



自家製甘酒作りで麹を呼吸させて。 

ただヨーグルトメーカーで塾成中。
17,06,21 1



これからまだ他にもやることがあるのだけれど

今私の横で私の手をず~と握って離さない母 
(PC片手打ち込み~)
17,06,21

つうか、「おかあさん、もうネンコしないと~」  

手離してくださ~い 



          クリックお願いします
               ↓